ボヘミアンラプソディ事実と違う時系列や実話との違いネタバレまとめ!

スポンサーリンク

まず最初にこの記事は映画ボヘミアンラプソディのネタバレを含んでいるので、まだ映画を見ておらずネタバレを見たくない方は他のToruKuma.comのボヘミアンラプソディ関連記事で予習されることをお勧めします。

 

映画ボヘミアンラプソディが大ヒットしていますが、コアなクイーンファンからは、史実や事実と違うことを指摘しているひとがいるようです。

確かに映画では、ある程度のドラマティックな演出やストーリーが必要になるのは仕方のないことなのではないでしょうか。

 

しかも、この映画プロデューサーはクイーンの実際のマネージャーのジムビーチです。

ジムビーチは、クイーンの全てを知っていると言っても過言ではない存在なのではないでしょうか。

 

そんなジムビーチが映画プロデューサーのボヘミアンラプソディなので、事実や史実と違うとはいえ、全然許されるレベルなはずです。

 

とはいえ、クイーンを知っているし名曲もたくさん知っている人でも、実際にはどこが史実や事実と異なるのかまではわかりにくいのではないでしょうか。

時系列についても全てが同じではありません。

 

事実とは異なる時系列ではありましたが、実際の細かいところまでは当時のクイーンを詳しく知っている人でもない限り、なかなか気づけないのではないでしょうか。

 

そこで、今回は映画ボヘミアンラプソディで史実や事実と違う時系列や映画と実話の違いのネタバレについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

ボヘミアンラプソディ事実と違う時系列や実話との違いネタバレまとめ!

映画ボヘミアンラプソディのクイーン

出典:https://variety.com/2018/film/news/bohemian-rhapsody-critics-reviews-roundup-rami-malek-1202990633/

 

それでは、順番に事実と違う点について見ていきましょう。

レコード会社EMIの幹部のレイフォスターという人物は実在しない

マイクマイヤーズが演じていたレコード会社EMIの幹部のレイフォスターは、ボヘミアンラプソディのシングルのリリースを拒んでいました。

そして、怒ったクイーンのメンバーが窓の外から石をなげつけるというシーンがありました。

 

おそらく、このレイフォスターという人物がマイクマイヤーズだったと気づけなかった人も多いのではないでしょうか。

そのくらい、マイクマイヤーズの面影はなくなっていました。

 

このレイフォスターという人物は実在しません

このキャラクターは、EMIのロイ・フェザーストーンをモデルに作られているそうです。

 

しかし、実話ではロイフェザーストーンは、クイーンの大ファンだったそうです。

ロイフェザーストーンがボヘミアンラプソディ がシングル曲としては長すぎると思ったのは本当のようですが、それ以外の点はフィクションとなっています。

フレディの恋人ジムハットンは使用人ではなく美容師だった

映画の中では、開いたパーティーで泥酔して意気消沈していたフレディが、使用人のジムハットンを口説こうとしていました。

そのとき、ジムハットンは拒否しましたが、その夜2人は話をしていました。

 

そして、数年後HIVに感染しているとわかってからフレディマーキュリーは電話帳でジムハットンを苦労して見つけ出して会いにいきました。

そして、ジムハットンとフレディの家に行って、家族の前でフレディはジムハットンの手を握りました。

 

しかし、実話ではジムハットンはサヴォイ・ホテルに勤務する美容師でした。

そして、2人が知り合ったのは、ゲイクラブです。

 

最初にフレディがジムハットンにドリンクを奢ろうとしましたが、その時は断られたそうです。

その後、2人はもう一度ゲイクラブで再会します。

 

その時にはジムハットンはフレディの気持ちを受け入れてドリンクをおごってもらったそうです。

そして、そこから2人の関係がはじまりました。

クイーンは解散したことはなかった

映画では、1985年のライブエイド の前に、フレディが密かに400万ドルのソロ・プロジェクトにサインをして、バンドとしばらく距離を置きたいと発言し、怒った残りのメンバーとフレディが別々の道に進むというストーリーがありました。

 

しかし実際はクイーンは解散したことはありませんでした。

10年間ものあいだ、ずっとツアーを続けていたメンバーたちは、1983年になる頃には燃え尽きていたそうです。

 

実話では、メンバー全員が休暇を必要としていたようです。

喧嘩をして口を聞かないような雰囲気にはなっておらず、1983年の後期にはアルバム「ザ・ワークス(The Works)」の制作を始めていました。

 

現実の話では、疎遠になるようなことは、一度もなかったようです。

メアリーオースティンは最初ブライアンメイ と交際していた

映画では、フレディがメアリーオースティンに出会ったのは、始めてバンドと遭遇して、メンバーになる30秒前になっていました

しかし、実話ではメアリーオースティンは、最初はブライアンメイ と付き合っていたそうです。

事実の話だと、メアリーがフレディと出会ったのは、フレディがクイーンのボーカルになってからだったようです。

ライブエイド の2ヶ月前にはワールドツアーのファイナルを行なっていた

映画では、1985年のライブエイド の出演のオファーが来た時には喧嘩をしており口を聞かないような仲になっていました。

しかし実際には、1984年の早い時期にはクイーンはアルバム「ザ・ワークス」をリリースしていました。

 

そして、そのあとにはワールドツアーを行なっており、ツアーファイナルはライブエイド の2ヶ月前でした。

そのため、ライブエイド に出演した時のクイーンのライブパフォーマンスは、非常に完璧でした。

 

しかし、映画では、長い間のブランクがあって、これまでどおりの素晴らしいパフォーマンスで演奏できるように努力している姿が映し出されていました。

展開的には、その方がドラマチックではありますが、事実はもっとスムーズだったようですね。

HIV感染を知ったのはライブエイド の後だった

映画では、ライブエイド に向けたリハーサルをしている時に、フレディは他のクイーンのメンバーにHIVに感染していることを告白しています。

 

フレディは、病気については公表せずに音楽へ全精力を注ぎたいと言いました。

HIV感染を知った時期については、今でもはっきりはしていないようです。

 

しかし、HIV感染を知ったのは1986年から1987年の間だろうと言われています。

事実は、ライブエイド の前にはフレディはHIV感染の事実を知らなかったようです。

 

映画のストーリーだとそうHIV感染の事実を知ってからも、前向きに生きようとするフレディの姿があってからの、We Are The Championsでしたよね。

 

そのため、多くの人は最後のライブエイド のシーンで泣いたのではないでしょうか。

映画を盛り上げるためには、ある程度のフィクションは必要なんでしょうね。

ジョンディーコン は4人目のベーシストだった

映画では1970年のクイーンの初めてのコンサートでベースを弾いていました。

しかし事実は違い、ジョンディーコン が加入したのは1971年でした。

 

ちなみにジョンディーコン が採用された理由の一つが、謙虚な人柄だったそうです。

それまでのベーシストは自己主張が強かったそうです。

 

初めてのコンサートで演奏している「Keep Yourself Alive(炎のロックンロール)」は、クイーンのデビューアルバムの初期の楽曲だったそうです。

クイーンは映画のようにスムーズに結成されたわけではない

映画では両親と喧嘩したフレディが、クイーンの前身バンドであるスマイルの1970年に行なったギグをたまたま見たことになっていました。

 

スマイルは、当時ロジャーテイラー とブライアンメイ とボーカル兼ベーシストのティムスタフェルで結成されていました。

そして、フレディはライブ後にメンバーと知り合います。

 

その数分後に都合よくティムスタフェルが脱退します。

そこでフレディは、「Doing Alright」をアカペラで歌い出した途端、よし、きめた!といわんばかりにフレディをバンドに迎え入れました。

 

しかし、事実は違い、フレディとティムは長年の友人だったそうで、フレディは加入するだいぶ前からスマイルの大ファンだったそうです。

フレディはスマイルのメンバーにしてくれとしつこく言っていたそうです。

 

それをブライアンメイ が覚えていて、1970年にティムスタフェルが初めて脱退したときに、フレディを迎え入れることになったそうです。

映画の、フレディがブライアンとロジャーの前で、鳥肌ものの美しい歌声を聞かせて度肝を抜かせたシーンは、印象的でトレイラーにもありましたよね。

 

映画では、美しく感動的な場面ではありますが、現実の世界で、そんなうまいこといかないですよね、確かに考えてみれば。

でも、この全ての出来事を一つの映画にまとめるのは大変な作業だったようです。

 

それに映画も感動的な作品にしなければなりません。

そのため、多少のフィクションはあったほうがいいのではないでしょうか。

 

どちらにしても、このように現在ではインターネットで簡単にネタバレされてしまいます。

ボヘミアンラプソディが事実と違う時系列で史実と異なる件についてSNSの反応や感想

映画ボヘミアンラプソディが事実が違う時系列で史実と異なる件についていろんな人たちの意見があるようです

とくに時系列に関していろいろ思うところがあるようですね。

 

確かに時系列が違うと事実と違うことにはなる部分もあるでしょう。

しかし個人的にはそれはそれで時系列だけに縛られることなく、ただ純粋にクイーンの名曲が楽しめて、フレディマーキュリーについて深く知ることができて、素晴らしい映画だったと思っています。

 

ここでは、ツイッターなどのSNSでの映画ボヘミアンラプソディの事実と違う時系列で実話の史実と違う件についてのコメントを集めて見ました。

 

このように、事実と違う時系列で、史実と違うといったことに関するコメントがたくさんあります。

そして、そのほとんど人たちが、事実と違う時系列について史実と異なっていても一つの映画として素晴らしかったとコメントしていますね。

 

やっぱり、自分と同じで素直に感動できる映画を楽しむことが大切だと感じている人が多いんですね。

事実と違う時系列で史実と異なる内容だということに関しては、インターネットで検索すればこの記事のように、良くも悪くもいくらでもネタバレは簡単にわかる時代です。

 

そして全ての映画において100%全ての人を満足させられる映画などは存在しないでしょう。

 

そのため、この事実と違う時系列で史実と変わってしまっている件については、ここに掲載したSNSの反応を見る限り、ほとんどの人が問題ないと思っているようように、そんなに気にしすぎる必要はないとのではないでしょうか。

まとめ

今回は、映画ボヘミアンラプソディの事実と違う時系列や映画と実話の違いのネタバレについてまとめていきました。

この映画では史実や事実と違うかったり、時系列も事実と違うところがありましたが、だからといってこの映画の素晴らしさには何も代わりはないのではないでしょうか。

 

実際には、ほとんどのことはノンフィクションですし、その上とても感動できるように作られていました。

 

クイーンの現在のマネージャーのジムビーチがこの映画のプロデューサーですから、クイーンのことをよく知った上でうまく辻褄を合わせて素晴らしい映画にしてくれたのではないでしょうか。

 

前評判では、あまりフレディマーキュリーのゲイの描写がないと言われていましたが、実際は映画の中でもフレディマーキュリーのゲイのセクシャリティに関する描写は思っていた以上にあったと思います。

この映画を楽しみにしていたクイーンファンのみんなを十分に満足させくれたのはまちがいないでしょう。

 

フレディマーキュリーほどまでに、亡くなってからも支持される歌手やセレブってなかなかいないのではないかと思います

さすが伝説のロックバンドといわれるだけのQUEENですね。

 

QUEENの名曲の数々と、フレディの美しい歌声はこれからも世界中のファンの人たちの心の中に引き継がれていくでしょう。

映画ボヘミアンラプソディとQUEENとフレディマーキュリーと出演者とグッズまとめ


映画ボヘミアン・ラプソディ/フレディ・マーキュリー/QUEEN/映画キャスト/グッズの総まとめページ

 


映画ボヘミアン・ラプソディのラミ・マレックの歌声の秘密と変身とフレディ・マーキュリーの歌声役の
マーク・マーテル

 


フレディー・マーキュリーに関連する情報(死因/晩年/ゲイライフ/猫/日本愛/恋人の画像など)

 


映画ボヘミアン・ラプソディの実在する登場人物の現在やプロフィールや経歴など


フレディ・マーキュリー(QUEENメンバー・ボーカル):

フレディマーキュリーのプロフィールや名前の由来は?家族や出身地も

 

ロジャー・テイラー(QUEENメンバー・ドラム):
ロジャーテイラーの現在と結婚や子供は?ドラムと高音の歌声がすごい!

 

ブライアン・メイ(QUEENメンバー・ギター):
ブライアンメイの現在や子供と妻と病気の真相は?レッドスペシャルも

 

ジョン・ディーコン(QUEENメンバー・ベース):
ジョンディーコンの現在や子供と引退理由!作曲や歌は?今もイケメン?

 

メアリー・オースティン(フレディの恋人・ほとんどの遺産を相続した):
メアリーオースティンの現在と子供は?フレディの遺産で性格とジムとの関係に変化?

 

ジム・ハットン(フレディのゲイの恋人・最期の7年間を共に過ごした):
ジムハットンの死因はエイズ?本フレディマーキュリーと私でメアリーとの確執を暴露?

 

バーバラ・バレンティン(3人目のフレディの恋人・一緒に暮らしていた時期がある):
バーバラバレンティンはフレディの恋人?現在や子供は?死因はエイズ?クイーンの関係は?

 

ポール・プレンター(フレディの個人マネージャー・ゲイの愛人でもあった):
ポールプレンターのフレディマーキュリー暴露話の真相は?エイズが死因?

 

ジム・ビーチ(2代目で現在のQUEENのマネージャー):
ジムビーチはクイーンのマネージャーで現在は?ボヘミアンラプソディのプロデューサーで経歴は?

 

ジョン・レイド(初代QUEENのマネージャー):
ジョンレイド(クイーンのマネージャー)の現在は?エルトンジョンの愛人でゲイ?

 


ライブエイドの曲目やセトリや動画など

 


クイーン(QUEEN)の楽曲と歌詞の和訳や解説・解釈・考察など

 


映画ボヘミアン・ラプソディの内容と事実の違いや時系列の史実の違いとネタバレやあらすじや感想評判など

 


映画ボヘミアン・ラプソディの上映期間と上映映画館とIMAXや4DXや応援上映について

 


映画ボヘミアン・ラプソディのキャスト(出演者)


フレディ・マーキュリー役:

ラミマレックのプロフィールと出演作!双子でかっこいいが彼女や結婚は?

 

ロジャー・テイラー役:
ベンハーディの彼女や結婚は?出演作やイケメン画像とプロフィールも

 

ブライアン・メイ役:
ブライアンメイ役グウィリムリー結婚彼女や経歴出演作は?イケメン画像とゲイの噂と身長年齢も

 

ジョン・ディーコン役:
ジョゼフマゼロ現在結婚や彼女は?映画出演作や経歴と子役俳優も!ジョンディーコン役で話題!

 

メアリー・オースティン役:
ルーシーボイントンの身長や画像と映画や出演作などのプロフィール!

 

ポール・プレンター役:
アレンリーチ彼女と結婚?イケメン画像や出演作とプロフィールも!ゲイの噂は?

 

ジム・ハットン役:
アーロンマカスカーはジムハットン役!プロフィールと出演作は?結婚や子供も

 

ジム・ビーチ役:
トムホランダーはジムビーチ役!結婚や経歴と出演作やプロフィールは?ゲイの噂や身長も

 

ジョン・レイド役:
エイダンギレンがボヘミアンラプソディでかっこいい!プロフィールや出演作と結婚や彼女は?

 

レイ・フォスター役:
マイクマイヤーズがボヘミアンラプソディの映画出演で現在や経歴は?結婚や彼女や子供はいる?

 


フレディ・マーキュリー役のラミ・マレックをもっと知りたい人はこちら

 

 

映画ボヘミアン・ラプソディのグッズ/サントラ/DVD/ブルーレイ/コスプレ/ショッピング

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です