クイーンの伝説のチャンピオン(We Are The Champions)の歌詞の和訳!

スポンサーリンク

伝説のバンドQUEEN(クイーン)の伝記映画「ボヘミアンラプソディ」が全米首位を獲得して全米で大ヒット中です。

そして、日本でも1週間遅れで公開されましたが、日本でも首位になりました!

すごいですね!

 

SNSでは、映画を見た人はほぼ全員が、素晴らしい映画だったとコメントしています。

私も映画を映画館で見てきました。

 

だれかといくと涙をみられるのが恥ずかしかったので、1人で行って音楽を楽しんだり、大泣きしたりと、存分に楽しんできました。

もう一回見に行く予定です。

 

今回はその映画のラストでほとんどの人が感動で涙したであろうだれもが聞いた頃のあるQUEENの名曲「伝説のチャンピオン/We Are The Champions」を和訳しようと思います。

 

映画ボヘミアンラプソディのフレディVer.ということで、「映画のフレディの心境だったらこういう歌詞の和訳になる」というような、和訳でいきます。

スポンサーリンク

「伝説のチャンピオン/We Are The Champions」の概要

出典:http://www.45cat.com/record/e45441

日本語タイトル:伝説のチャンピオン(英語タイトル:We Are The Champions)

作詞・作曲:フレディ・マーキュリー

リリース日:1977年10月7日

時間: 2分59秒

 

B面(両A面): ウィ・ウィル・ロック・ユー

ジャンル: ロック

レーベル: EMI、Elektra

プロデュース: マイク・ストーン

 

「伝説のチャンピオン/We Are The Champions」は「We Will Rock You」と両A面として発売されて、全英最高2位、全米最高4位の売り上げを記録しました。

アメリカにおいてはその時点では、最も売れたクイーンの曲となったそうです。

 

特にアメリカでは、両方の曲がラジオで続けて流されることの多かったこの2曲はつながった1曲と解釈されることが多かったようです。

発表以降のクイーンのライヴでも決まって最後に2曲続けて演奏されていたようで、テーマソング的な地位を占めていたそうです。

 

初出アルバムは1977年の『世界に捧ぐ』でした。

1975年リリースの『オペラ座の夜』に収録された「ボヘミアン・ラプソディ」よりも曲自体は先に完成していたそうですが、フレディの「時期が早すぎる」という判断で発表を先送りされたそうです。

 

楽曲の内容から、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」と並んでサッカーを初めとした世界的なスポーツ番組で定番的に用いられる曲となっています。

日本でも、いろんなCMで起用されています。

 

だれでも聞いたことがあるQUEENの名曲ですよね。

クイーンの「伝説のチャンピオン/We Are The Champions」の歌詞の和訳

この歌は、世界の名曲で誰でも知っていると思いますが、具体的な歌詞の内容って、知らずに聴いている人がほとんどなのではないでしょうか

ましてや、英語の歌ですので、帰国子女で、英語が母国語レベルにできる人でない限りは、この伝説のチャンピオンの歌の深い意味までわかりにくいですよね。

 

作詞・作曲は、フレディ・マーキュリーです。

映画ボヘミアンラプソディをすでにみられた方は、フレディがどんな人なのかがだいたいわかっているのではないでしょうか。

 

ここでは、「伝説のチャンピオン/We Are The Champions」の意味とフレディが言いたかったことを、英語の歌詞の意味を和訳しながら、彼の人生と照らし合わせながら、解説していきたいと思います。

 

難しい英語の言い回しも、くわしく解説しているので、この機会に、しっかりとこの「We Are The Champions」の意味を理解してみましょう。

 

歌詞の意味をしっかりと理解できたあと、映画「ボヘミアンラプソディ」をみに行けば、さらに映画を楽しめることでしょう。

伝説のチャンピオン/We Are The Champions

出典:http://www.45cat.com/record/e45441

I’ve paid my dues
僕は(成功するための)代償は支払った

 

Time after time.
何度も何度も

 

I’ve done my sentence
刑期も終えた

 

But committed no crime.
でも犯罪は犯していない

 

And bad mistakes ‒ I’ve made a few.
大きな失敗もした いくらかはな

 

I’ve had my share of sand kicked in my face
顔に砂を足でぶっかけられるようなこともあったな

歌詞出典:https://www.youtube.com/watch?v=04854XqcfCY


kick sand in (one’s) face の意味は?

調べてみたところ、英語では、to be mean to someoneというような意味があるそうです。

 

(someone:誰かに対して)意地悪(卑劣な)なことをする(対応をする)といった意味のようですね。

 

meanとは、ひきょうな、卑劣な、意地悪な、不親切な、人につらく当たる、といった意味があります。

例文:You’re so mean to me! ( 意地悪!)

 

何かの例えのような意味がありそうなので、調べてみましたところ、以下のようなバックグラウンドがあったようです。

 

Back in the 1950s and ’60s, there were ads in the back pages of comic books for the Charles Atlas bodybuilding programs. Charles Atlas – Wikipedia, the free encyclopedia These ads were drawn in the style of comic book panels and showed a “97 pound (44kg) weakling” at the beach being teased by a muscular bully who kicks sand in the face of the weakling in front of an attractive girl. The weakling then sends away for the bodybuilding kit, follows the instructions, becomes muscular, goes back to the beach, beats up the bully, and is admired by the attractive girl.

Having sand kicked in your face means to be insulted by someone or something you are powerless to fight back against.

引用元:https://www.usingenglish.com/forum/threads/136844-kick-sand-in-one-s-face

 

簡単に和訳すると、

コミック本の一番最後のページに、チャールズアトラスのボディビルディングプログラムの広告があって、そこに描かれていた絵がまさに、このmy share of sand kicked in my faceを具体的に表しているようです。

 

ビーチで筋肉質な男性が、筋肉のないひ弱な体格の男性に、ビーチの砂を足で顔にぶっかけている、ようです。

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、その広告を見てみると意味がすっきりと理解できます。

 

その広告を見つけてきたので、以下に掲載しておきます。

 

一番左上のコマを見てください

(ビーチボールを楽しんでいると思われる)筋肉質のいじめっ子の男性が、痩せ体型の男性に足で砂をぶっかけています

出典:https://bmj2k.com/2011/10/01/the-saturday-comics-the-insult-that-made-a-man-out-of-mac/

 

このフレーズに続くのがBut I’ve come through.(でもおれはやり遂げたよ)

 

この広告のストーリーを見れば、フレディの言いたかったことがわかるのではないでしょうか。

 

フレディ自身が、この広告を見て知っているのでしょう。

フレディ自身のスタイルが、初めはフェミニンなスタイルが多かったですが、ライブエイドの頃には、短髪マッチョスタイルに変化しました。

 

もしかしたら、チャールズアトラスさんのメソッドを実践していたのかもしれません。

 

ちなみに、以下はチャールズ・アトラスさんの画像で、ボディービルダーの人です。

マッチョでイケメンですね。

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Charles_Atlas

引用元:https://www.greatestphysiques.com/charles-atlas/


 

But I’ve come through.
でもおれはやり遂げたよ

 

(And I need just go on and on, and on, and on)
どんなことがあってもあきらめない、ただ前に進むのみなんだ、前へ、前へと

 

We are the champions, my friends,
僕らは勝者なんだよ、みんな

歌詞出典:https://www.youtube.com/watch?v=04854XqcfCY


championの意味:チャンピオン、勝者、優勝者、(優秀な人、英雄、戦士、闘志、他より優れた人)

日本語タイトルが「伝説のチャンピオン」となっているので、「チャンピオン」という和訳が最もしっくりくるでしょう。

 

ただ、ここでは、外来語のチャンピオンなので、あえて勝者と和訳しています。

勝ち組や王者など、いろんな言い方ができますね。


 

And we’ll keep on fighting ‘til the end.
この命ある限りは、戦い続けるんだ

 

We are the champions.
僕たちは勝者なんだ

 

We are the champions.
僕たちは勝者なんだ

 

No time for losers
敗者のための時間はない

歌詞出典:https://www.youtube.com/watch?v=04854XqcfCY


have no time forの意味:〜に構ってられない、〜の時間がない、〜を嫌う(相手にしない)、〜ごめんだ、〜に時間を使う余裕がない、〜に無駄な時間をかけない

 

例文:

I have got no time for that now. 忙しくてそれどころじゃない

I have no time for useless regrets. 僕には無駄な後悔をしている時間はない

 

I have no time for girls. (俺は)女の子に構っていられない

I have no time even for reading. 読書をする時間さえもない

 

考えられるその他の訳し方:

敗者(負け犬/負け組)に構ってる時間なんてない、負け組に出番はない、負け犬なんてまっぴらごめんだ、など。

 

人それぞれの解釈の仕方があると思いますが、応援歌だとするなら、「負けないで/負けるなよ/がんばれ/負けてたまるか」といった意味が背景にあるのではないでしょうか。

 


 

‘Cause we are the champions of the world.
だって、僕たちは世界の勝者なんだから

 

I’ve taken my bows
俺はお辞儀をした

 

And my curtain calls.
そして幕引きになった

歌詞出典:https://www.youtube.com/watch?v=04854XqcfCY


curtain callの意味は?

日本語の外来語でもありますが、カーテンコールの意味は、演劇などが幕切れになったときに観客が拍手喝采して、役者たちをステージに呼び戻すことです。

出典:https://www.pinterest.com/pin/545780048561670405/?lp=true

 

ここまでの歌詞の内容が、「苦労して成功した」といった内容であり、I’ve come through「やり遂げた」と締めています。

先ほど見せた広告の主人公が、貧弱な体で筋肉質な体型の男性に砂をぶっかけるなどしてバカにされたけど、それをきっかけに、それよりも筋肉質マッチョになって、見事に見返しています。

 

アメリカの映画などによくある、サクセスストーリーの典型ですよね。

 

つまりこの、I’ve taken my bows And my curtain calls.の意味は、最初のサビまでの歌詞での「主人公のサクセスストーリーの演劇」が終わり、主人公が、観客の前で、カーテンコールでお辞儀をしているという意味なのではないでしょうか。


 

You brought me fame and fortune, and everything that goes with it.
有名になって名声も手に入れたし、莫大なお金も手に入れることができた、そのおかげで楽しい思いもたくさんできたよ

歌詞出典:https://www.youtube.com/watch?v=04854XqcfCY


and everything that goes with it.のその他の和訳としては:夢や希望を叶えることができた、名声と富を得たことによって得られた全てのもの、といった意味もあるではないでしょうか。

 

この部分は、作詞作曲をした、クイーンのフレディの人生で例えると、そのまんまといったところでしょうか。

文字通り、クイーンはスターダムにのし上がって、フレディは栄光と名誉、リッチで大きな財産を持っています。

 

それに付随する、様々な幸せ、やりたいことが全部できたでしょう。

フレディに例えると以下のようなことができたのではないでしょうか。

 

  • 常に人気者
  • 大切なメアリーを常に一緒にいることができた
  • ジムハットンという恋人を手に入れることができた
  • 派手な男遊びをした(ゲイの男性だけのパーティーを開いたり、たくさんの男性と関係を持つ)
  • フレディのすることに反対したり侮辱してきた人を見返した

 

クイーンに例えてしまうと、ちょっと天狗な感じと受け取れなくもないようですが、それは聞く人それぞれの解釈に委ねられているでしょう。

 

シングルが発売された当時は「歌詞のチャンピオンというのは自分たちのことを指し、自分たちが世界一だと思い上がっているのではないか」と批判されたが、後にブライアン・メイは「この曲は自分たちをチャンピオンだと歌っているのではなく、世界中の一人ひとりがチャンピオンなのだと歌っている」と反論している。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9D%E8%AA%AC%E3%81%AE%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%82%AA%E3%83%B3

 

ライブ映像では、I thank you, allを観客に向かって、言っています。

なので、この部分には、フレディ自身を重ねあわせることができるでしょう。


 

I thank you all.
ありがとう、みんな

 

But it’s been no bed of roses,
でもそこにたどり着くまでは、決して楽な道じゃなかったよ

 

No pleasure cruise.
楽しいことは何もなかった

歌詞出典:https://www.youtube.com/watch?v=04854XqcfCY


pleasure cruiseの意味: 遊覧船(ゆうらんせん)

客船の一種で、川・湖・沼・港湾など景観の良い観光地の水域で航行される旅客船などのことを示すようです。

 

下が遊覧船のイメージの一種でしょうか。

出典:https://www.cabovillas.com/blog/pleasure-cruise-cabo-yacht-charters-offer-style-luxury/

 

フレディの人生に置き換えると、大成功を納め、名誉も莫大な富も得て、恋人は手に入れたし、派手な男遊びなども、欲しいもの、やりたいことは全部手に入れました。

 

しかし、それらを手に入れるまでの道のりは、決して簡単なものじゃない、様々な試練を乗り越え、大変だったということを伝えている、振り返っているでは(演劇で例えるなら、主人公が成功するまでの道のり)ないでしょうか。


 

I consider it a challenge before the whole human race,
それは人として生まれた自分への神から与えられた試練だと思う


the whole human raceの意味:全人類

challengeの意味:挑戦、課題

 

人間が生まれてきたことには人それぞれに必ず理由があって意味があると言われています。

 

その他の訳し方:

僕はそれを乗り越えなければならない試練だと思う、自分のやりたいことや夢を叶えることは、全人類に与えられた使命だと思う

 

生まれたからには夢を実現するまであきらめてはならない、といった前向きな意味があるのではないでしょうか。


 

And I ain’t gonna lose.
そして、僕は負けるつもりはない

 

(And I need just go on and on, and on, and on)
どんなことがあってもあきらめない、ただ前に進むのみなんだ、前へ、前へと

 

We are the champions, my friends,
僕たちは勝者なんだ、みんな

 

And we’ll keep on fighting ‘til the end.
僕たちは勝者なんだ

 

We are the champions.
僕たちは勝者なんだ

 

We are the champions.
僕たちは勝者なんだ

 

No time for losers
敗者のための時間はない

 

‘Cause we are the champions of the world.
だって僕らは世界の勝者だから

 

We are the champions, my friends,
僕たちは勝者なんだ

 

And we’ll keep on fighting ‘til the end.
そして、命のある限り戦い続けるんだ

歌詞出典:https://www.youtube.com/watch?v=04854XqcfCY


映画「ボヘミアンラプソディ」では、この歌詞のフレーズを、フレディに重ねることができるのではないでしょうか。

 

エイズになって、そんなに長く生きれないであろうことを悟ったフレディは、「時間がない」と口にするなど、残りの時間を大切に一生懸命生きようとしています。

 

ずっと気になっていた、男性のジムを、なんとかして見つけ出して会いに行ったり、バンド仲間との絆を大切にしたりしていました。

 

実際のフレディの生活がどうだったのかは、別にして、映画ではそのように描かれていたと思われます。

映画ではフレディの、最期の日まで戦い続けると言った強い意思を感じとることができたのではないでしょうか。


 

We are the champions.
僕たちは勝者なんだ

 

We are the champions.
僕たちは勝者なんだ

 

No time for losers
敗者のための時間はない

 

‘Cause we are the champions.
だって、僕らは勝者だから

 

[Not in the original version:] Of the world
世界のね

歌詞出典:https://www.youtube.com/watch?v=04854XqcfCY

伝説のチャンピオン(We Are The Champions)のMVやライブ映像

このMVで、フレディが全身タイツ(レオタード)を着ています。

フレディだからこそ着こなせるコスチュームですよね。

 

We Are The Championsライブ映像(高画質です!)

 

歌いたい方様に、歌詞(Lyrics)のついた、We Are The Championsの動画です。

ここまででしっかり、勉強することができたと思うので、歌ってみましょう。

We Are The Championsでフレディが歌詞に込めた意味は?

ブライアン・メイが「この曲は自分たちをチャンピオンだと歌っているのではなく、世界中の一人ひとりがチャンピオンなのだと歌っている」と言った通り、この歌は、聴く人たちみんなを勇気付けてくれる、素晴らしい応援歌です。

 

作詞・作曲をしたのはフレディで、この歌には、クイーンとしての活動を通してスターダムにのし上がったフレディ・マーキュリー自身(とQUEENの他のメンバー)のサクセストーリーのことも意味している、ともいえるでしょう。

 

「歌詞のチャンピオンというのは自分たちのことを指し、自分たちが世界一だと思い上がっているのではないか」といった批評はありましたが、それは批判をした人たちが、そのようなジェラシーの目で捉えるからですね。

 

実際にフレディ(クイーン)は、世界の伝説のバンドとして大成功し、伝説のチャンピオンの1人(4人)であることには、間違いはないですよね。

 

素晴らしい音楽を世界に届けてくれた、クイーンを素直に讃え、感動を与えてくれたことに感謝し、尊敬するべきでしょう。

 

歌の中で、それまでには、大変な経験があったことを話しています。

だれでもチャンピオンになるには、大変だということを言っていて、それはだれもがわかりますよね。

 

でも、「世界中の一人ひとりがチャンピオン」だから、最後まで夢を叶えるためにがんばろうという、力強い応援メッセージが込められているでしょう。

 

すばらしい楽曲と歌詞であることは、だれにでもわかりますし、歌の歌詞の具体的意味は人それぞれの、解釈の仕方で楽しめばいいのではないでしょうか。

まとめ

今回は、クイーン(QUEEN)の楽曲「伝説のチャンピオン/We Are The Champions」の歌詞の和訳をしていきました。

これは、QUEENのことを歌っているといって批判されたことがあったようですが、自分で訳していて確かにクイーンのことにすっぽり当てはまるな、なんて思っちゃいました。

 

でも、解釈は人それぞれ。

自分なりに解釈をして、感情移入をして歌うのが気持ちいいのではないでしょうか。

 

私も、この歌を聞いて、夢に向かってがんばっています。^^

映画ボヘミアンラプソディとQUEENとフレディマーキュリーと出演者とグッズまとめ


映画ボヘミアン・ラプソディ/フレディ・マーキュリー/QUEEN/映画キャスト/グッズの総まとめページ

 


映画ボヘミアン・ラプソディのラミ・マレックの歌声の秘密と変身とフレディ・マーキュリーの歌声役の
マーク・マーテル

 


フレディー・マーキュリーに関連する情報(死因/晩年/ゲイライフ/猫/日本愛/恋人の画像など)

 


映画ボヘミアン・ラプソディの実在する登場人物の現在やプロフィールや経歴など


フレディ・マーキュリー(QUEENメンバー・ボーカル):

フレディマーキュリーのプロフィールや名前の由来は?家族や出身地も

 

ロジャー・テイラー(QUEENメンバー・ドラム):
ロジャーテイラーの現在と結婚や子供は?ドラムと高音の歌声がすごい!

 

ブライアン・メイ(QUEENメンバー・ギター):
ブライアンメイの現在や子供と妻と病気の真相は?レッドスペシャルも

 

ジョン・ディーコン(QUEENメンバー・ベース):
ジョンディーコンの現在や子供と引退理由!作曲や歌は?今もイケメン?

 

メアリー・オースティン(フレディの恋人・ほとんどの遺産を相続した):
メアリーオースティンの現在と子供は?フレディの遺産で性格とジムとの関係に変化?

 

ジム・ハットン(フレディのゲイの恋人・最期の7年間を共に過ごした):
ジムハットンの死因はエイズ?本フレディマーキュリーと私でメアリーとの確執を暴露?

 

バーバラ・バレンティン(3人目のフレディの恋人・一緒に暮らしていた時期がある):
バーバラバレンティンはフレディの恋人?現在や子供は?死因はエイズ?クイーンの関係は?

 

ポール・プレンター(フレディの個人マネージャー・ゲイの愛人でもあった):
ポールプレンターのフレディマーキュリー暴露話の真相は?エイズが死因?

 

ジム・ビーチ(2代目で現在のQUEENのマネージャー):
ジムビーチはクイーンのマネージャーで現在は?ボヘミアンラプソディのプロデューサーで経歴は?

 

ジョン・レイド(初代QUEENのマネージャー):
ジョンレイド(クイーンのマネージャー)の現在は?エルトンジョンの愛人でゲイ?

 


ライブエイドの曲目やセトリや動画など

 


クイーン(QUEEN)の楽曲と歌詞の和訳や解説・解釈・考察など

 


映画ボヘミアン・ラプソディの内容と事実の違いや時系列の史実の違いとネタバレやあらすじや感想評判など

 


映画ボヘミアン・ラプソディの上映期間と上映映画館とIMAXや4DXや応援上映について

 


映画ボヘミアン・ラプソディのキャスト(出演者)


フレディ・マーキュリー役:

ラミマレックのプロフィールと出演作!双子でかっこいいが彼女や結婚は?

 

ロジャー・テイラー役:
ベンハーディの彼女や結婚は?出演作やイケメン画像とプロフィールも

 

ブライアン・メイ役:
ブライアンメイ役グウィリムリー結婚彼女や経歴出演作は?イケメン画像とゲイの噂と身長年齢も

 

ジョン・ディーコン役:
ジョゼフマゼロ現在結婚や彼女は?映画出演作や経歴と子役俳優も!ジョンディーコン役で話題!

 

メアリー・オースティン役:
ルーシーボイントンの身長や画像と映画や出演作などのプロフィール!

 

ポール・プレンター役:
アレンリーチ彼女と結婚?イケメン画像や出演作とプロフィールも!ゲイの噂は?

 

ジム・ハットン役:
アーロンマカスカーはジムハットン役!プロフィールと出演作は?結婚や子供も

 

ジム・ビーチ役:
トムホランダーはジムビーチ役!結婚や経歴と出演作やプロフィールは?ゲイの噂や身長も

 

ジョン・レイド役:
エイダンギレンがボヘミアンラプソディでかっこいい!プロフィールや出演作と結婚や彼女は?

 

レイ・フォスター役:
マイクマイヤーズがボヘミアンラプソディの映画出演で現在や経歴は?結婚や彼女や子供はいる?

 


フレディ・マーキュリー役のラミ・マレックをもっと知りたい人はこちら

 

 

映画ボヘミアン・ラプソディのグッズ/サントラ/DVD/ブルーレイ/コスプレ/ショッピング

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です