武藤嘉紀の嫁(妻)や父と子供は?出身中学や高校は?ニューカッスルと移籍やプレースタイルも

スポンサーリンク

 

View this post on Instagram

 

さ、ここから🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 I will work hard to make the Toon Army proud!! #nufc#premierleague #yoshinorimuto#武藤嘉紀

Yoshinori Muto 武藤嘉紀さん(@yoshinori_muto_09)がシェアした投稿 –


W杯やアジア杯でも日本代表にも選ばれ、現在はイングランド・プレミアリーグのニューカッスルユナイテッドFCに所属する武藤嘉紀選手

イケメンでもあるので、日本代表の人気選手でもあります。

今回はそんな武藤選手のプロフィールや家族について、またプレースタイルについてみていきましょう。

スポンサーリンク

武藤嘉紀のプロフィール


生年月日: 1992年7月15日 (2019年3月現在 26歳)
出身地: 東京都世田谷区
身長: 179cm
体重: 72kg
出身校:慶應義塾大学経済学部
所属:ニューカッスル・ユナイテッドFC
ポジション:ミッドフィールダー、フォワード

武藤嘉紀の生い立ちと出身中学や高校は?

3歳でスポーツ英才教育のバディスポーツ幼児園に入園後、4歳でバディサッカークラブに入部し、本格的にサッカーを開始。小学校4年時よりFC東京のスクールへも通い、中学入学時から同クラブ下部組織にも加入しています。

一般受験を経て、慶應義塾高校に入学するも、慶應高校の部活には所属せず、FC東京ユースに在籍し活躍を続けます。武藤選手は、2007年のU-15高円宮杯得点ランキング2位という成績でセンスを表し、ポジションも、もともとのオフェンシブハーフからサイドバックまで多彩で、チームのエースとして君臨しました。

2010年には、実力が超高校級レベルだった武藤選手は、FC東京2種登録を果たします。卒業と同時にプロ入りの声もありましたが、本人が「プロは時期尚早」と判断し、そのまま慶応義塾大学へと進学しました。中学高校とエースとして活躍し学業も優秀だった武藤選手は、まさにサッカー界のエリートです。

慶應義塾大学経済学部に進学し、ソッカー部(慶應ではサッカーを英国発音に則ってこう呼ぶ)で得点を量産。大学選抜にも選ばれて、海外戦を経験したほか、FC東京では『特別指定選手』として練習に参加しました。

2013年夏には、大学在学中の身でありながらJリーグにデビュー。プロ契約への最高の内定を得ます。3年時の2014年からFC東京へ正式に加入し、J1新人最多タイとなる13得点を記録しベストイレブンにも選出されました。

武藤選手本人は、この頃から海外移籍を意識していたようで、実際にも海外スカウトの目にも注目株でした。武藤選手自身も、将来のキャリアアップに向けて、プレミアリーグやリーガでのプレーを目指し、英語とスペイン語の学習もしていたといいます。

実際2014年の冬には、英国プレミアリーグの名門チェルシーFCやドイツブンデスリーガのFSVマインツといった、欧州の名門チームから移籍オファーがありました。このころのファンは武藤選手がどこに移籍するのか気になっていたでしょう。

結果武藤選手は、FSVマインツに移籍を決定。チーム内でも競争率の高いフォワード陣の中、ワントップを担い奮闘しました。ブンデスリーガ史上2人目となるハットトリックを決めた日本人にもなっています。

 

View this post on Instagram

 

Super⚽️💯🎉 #mainz05#immerweiter

Yoshinori Muto 武藤嘉紀さん(@yoshinori_muto_09)がシェアした投稿 –

そして2018年夏に古豪ニューカッスル・ユナイテッドFCに移籍を果たしました。

契約期間は4年で、当時の移籍金クラブ最高額の950万ポンド(約14億円)でした。あの知将ラファエル・ベニテス監督のもとプレーをしています。現在はあまり出場機会に恵まれませんが、第8節のマンチェスターユナイテッド戦でリーグ戦初先発を果たし初得点を挙げ、プレミアリーグでゴールした6人目の日本人選手となりました。


名門大学卒業、Jリーグ、欧州クラブと、ファンならば誰もが思い描くキャリアをすべて通ってきたのが武藤選手です。まさにエリート街道で目がまぶしい!!

武藤嘉紀の妻(嫁)や子供と父など結婚や家族情報は?

武藤選手は2015年7月に一般女性との結婚を発表しています。

マネジメント会社を通じて武藤選手のコメントを発表しました。

いつも大変お世話になっております。私事で大変恐縮ではございますが、ご報告がございます。

私、武藤嘉紀はこの度、一般の女性と入籍致しました。彼女は大学時代からお付き合いをしてきた同級生で、今に至るまで自分を常に支えてくれた方です。

これから新天地での挑戦が始まりますが、彼女とであれば心強く立ち向かっていけると思っております。

出典:https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1501551.html

武藤選手のお相手女性は元CAの一般人で、慶応時代からの交際だと本人が公表しています。名前は後に元防衛副大臣・渡辺周氏の娘の渡辺輝さんであることが判明しています。
交際期間は約3年だそうです。武藤選手の母親とも仲が良いそうで、FC東京時代なんかは一緒に観戦に来ている姿が目撃されていたようです。

どんな顔をされているのかは一般の方なので、あんまりわからないですね。

でも武藤選手をサポートするいい奥さんみたいです。武藤選手も「彼女と付き合ってから良い事尽くし」だそうで、「今度は自分が幸せを与えられるように」と語り、Twitterでも奥さんがつくった料理をアップして幸せな様子を披露しています。

武藤選手には、2016年4月に第1子となる女児が誕生しています。

武藤選手の奥さん・渡辺輝さんの父親は、衆議院議員で元防衛副大臣の渡辺周氏であることがわかっています。 現在、国民民主党副代表をされています。

静岡で8期当選されていますから、よっぽどの名士で大物なんでしょう。

渡辺氏は武藤選手の義父であることを公表しており、武藤さんや輝さんについてのエピソードなどを語っています。ちなみに武藤選手たち2人は慶大2年時から交際していましたが、義父渡辺氏は結婚の挨拶まで武藤選手と全く気づかなかったらしく、渡辺氏以外の家族だけ知っていたみたいです。

ちなみに、武藤選手自身の父親も慶応義塾大学出身でアイスホッケー部に所属していたようですね。

また武藤選手が若いころの母親の写真をInstagramにアップして「すげー美人!!」とネットがざわついていたことも。確かに美人なんで、武藤選手がイケメンのも納得ですわ~。

 

View this post on Instagram

 

Happy 55th Birthday mom!!!! I wish you good health for many years to come🙏

Yoshinori Muto 武藤嘉紀さん(@yoshinori_muto_09)がシェアした投稿 –

武藤嘉紀のニューカッスルでの成績は?

2018年夏にマインツからニューカッスルに加入した武藤選手。当時のクラブ最高額でやってきましたが、ここまでプレミアリーグで先発5試合を含む13試合に出場して、マンチェスター・ユナイテッド戦で挙げた1ゴールのみと期待されるだけの活躍は全くできていません。

昨年11月のワトフォード戦でふくらはぎを故障して戦線離脱したり、2019年1月上旬からは日本代表としてアジアカップ2019に参戦するのもあって、特に12月以降はリーグ戦3試合に出場のみとプレー時間を手にできない現状です。

ほかにもメディアは多くの理由を推測しています。

・例えば加入当初から指摘されていた英語。ラファエル・ベニテス監督も同選手が試合中に流暢にコミュニケーションを取れないことを問題視しているようで、これが定期的にピッチに立てない1つの原因として考えられています。言葉の壁で出られないのは歯がゆいですね。

・また、ベニテス監督が戦い方を1トップシステムに固定しました。武藤を「2トップでのセカンドストライカー」として捉えており、1トップ構想から外れてしまったようです。

この1トップシステムで戦術上のキーマンになっているのが、ベネズエラ代表FWのサロモン・ロンドン189cmの長身で接触プレーにも強いロンドンは、前線のターゲットマンとして機能しており、チームの絶対的な存在になっているので、武藤選手の順列が下げられてしまいました。

武藤嘉紀の移籍の噂は?

現在では武藤選手の移籍に関するうわさはあまり見かけないですね。

やはり4年契約のまだ1年目ですし、FWとしては良くない成績なので移籍市場には食い込めていないですね。

もし今年の夏考えられるとしたら、出場機会を求めてどこかへレンタル移籍をする可能性です。それならば武藤選手を欲しがるチームが出るでしょう。

武藤嘉紀のプレースタイルは?

センターフォワード、もしくはウイングのポジションの選手です。

力強くスピードに乗ったドリブルで持ち込み、一人でゴールを決める日本では少ないタイプです。恵まれた運動神経を活かしたプレーで、多少厳しい体勢からでも強いシュートを枠内に撃つことができ、ゴール前では高い決定力を誇ります。

以前は線の細さも指摘されましたが、ドイツ、イングランドの経験で当たり負けしない強いフィジカルを得ており、現在の日本人の中では大迫選手に次ぐ強さを持つ選手です。

もっとも大迫選手とは異なるプレースタイルで、大迫はポストプレーでためをつくるのがうまいですが、武藤選手はゴールへ向かう突進力が持ち味といえます。

分かりやすい「ぷあたんアカデミー」さんの動画です。

是非このスタイルで躍動する姿をプレミアのピッチでみたいですね。

武藤嘉紀基本情報まとめ

日本代表のメンバーである武藤嘉紀選手。

イケメンで人気の選手ですし、華麗なる一族と言ってもいいような家族関係が話題になりますね。

ただ経歴を調べていくとまさに「文武両道」のエリート。ここまで来るのには並大抵の努力ではなかったことと思います。しかも若いころから海外サッカーに目を向け、高い意識を持つ姿勢は素晴らしさを感じますね。

現在はプレミアリーグの環境で思うような結果を出せてはいませんし、この先強力なライバルとの競争にも勝たなければいけません。でもきっと武藤選手はチャンスを掴み躍動してくれるでしょう。

期待したいですね!!

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です