ネイマールついに移籍か?驚愕の年俸額!そしてあの演技?プレースタイル紹介

スポンサーリンク

世界最高峰のサッカー選手と言っていいほどの実力・カリスマ性をもつプロサッカー選手ネイマール選手

昨年のバロンドールでは惜しくTop10には入れなかったが、ロシアワールドカップではブラジルをベスト8に進出しました。一方、所属クラブでは国内戦では絶好調の首位に立っています。

しかし、1月23日のフランス杯ストラスブール戦では右足の第五中足骨の骨折により全治約10週間と診断され、現在治療中です。

最近では、あのビッククラブからの移籍の話が飛び込んでおり、今後の所属クラブが注目されています!バロンドールとは:ヨーロッパの年間最優秀選手に贈られる賞になります。昨年ではクロアチア代表レアル・マドリード所属:ルカモドリッチ選手が初受賞しました!

今回は、移籍話から驚愕の年俸そしてあの珍事件まで紹介します。

スポンサーリンク

プロフィール

・名前:ネイマール・ダ・シルバ・サントス・ジュニオール
・国籍:ブラジル
・生年月日:1992年2月5日(27歳)
・出身地:モジ・ダス・クルーゼス
・身長:174cm
・体重68kg
・在籍クラブ:パリ・サンジェルマンFC
・ポジション:FW
・背番号:10
・利き足:右足

遂に移籍・・・あのクラブが獲得に本腰か!?獲得の意図とは?

巷で噂されているのがスペインリーグ:リーガエスパニョーラの名門レアル・マドリードです。昨シーズンは現在イタリアリーグ:セリエAユベントス所属C・ロナウドが所属していたチーム。

移籍金は436億円!!! 年俸56億円!もし成立すれば自らの移籍金の記録を塗り替えることにします。

振り返る移籍金ランキングベスト3
1位:ネイマール選手:バルセロナ⇒パリ・サンジェルマン(2017年)なんと!!約293億円

2位:エンバペ選手:ASモナコ⇒パリ・サンジェルマン(2017年)こちらは!約238億円

3位:コウチ―ニョ:リバプール⇒バルセロナ(2018年)約208億円 これでも高い!

移籍に関してこんな意見も・・・


UCL(UEFAチャンピオンズリーグ)ではオランダの強豪チーム・アヤックス戦では2月14日1stレグでは2対1と勝利したものの3月6日2stレグでは1対4と大敗した。

(合計スコア3対5)それに加え、C・ロナウドが退団してからレアル・マドリードのホームスタジアムの観客人数の減少もあるようです。

今シーズンの開幕戦レアル・マドリード対ヘタフェ戦では4万8466人でした。この記録は10年前09年5月24日マジョルカ戦以来の最少人数

レアル・マドリードのホームスタジアム:サンティアゴ・べルナベウの観客人数8万1044人です。これらの観客集客の低下・戦力の改善の強化を見て再建のため、C・ロナウド選手に変わる中心選手をネイマール選手に白羽の矢が立ったと思います。

さらに移籍を後押しする情報があります。CL3連覇を成し遂げた前監督ジダンがレアル・マドリードに監督復帰しました。

世界最高峰のチーム・世界的にも実績のある監督移籍する要素が多くなり、現実味が出てきました。一方2月12日にパリ・サンジェルマンは初戦イングランドの名門:マンチェスターのアウェイに乗り込み2-0で勝利し、3月7日マンチェスターUをホームに迎えた。

しかし試合終盤このまま行けばパリ・サンジェルマンの勝利だったが、後半アディショナルタイムに逆転され、1-3でアウェイゴール適用され、ベスト16で敗退(合計スコア3-3:合計スコアが同じの場合アウェイでゴール数が上回っているチームの勝利。

パリ・サンジェルマン:アウェイ2点・マンチェスターU3点)

パリ・サンジェルマンは1位と2位で合計約522億円を2人の選手に投資しています。12年から中東カタールの大富豪により、莫大な資金で各国の優秀な選手の補強をしてきました。その中でもネイマール選手は一番高額の選手になりました。

パリ・サンジェルマンはフランスリーグ(リーグアン)では国内最強クラブですが、国際大会(主にUCL)では決勝おろかベスト4にも進出していないのが現状です。

これだけの活躍をしているのですから年俸はどれくらいなのでしょうか?約3600万€(約47億円)になります。すごい金額ですね。

もし移籍したら、56億円ですので、FCバルセロナ所属のメッシ選手に迫る金額になります。

1位:メッシ選手:FCバルセロナ:60億円
2位:ネイマール選手:パリ・サンジェルマン:47億円
3位:オスカル選手:上海上港:32億円

こう見ると南米の選手が独占ですから、これからも南米の選手の需要が上がりますね!!!

試合のプレーもスゴイが演技力もスゴイ!!

どの技術をとっても素晴らしいですね!ディフェンダーは分かっていてもボールが取れないですね。

ドリブルの速さシュートの正確性などの技術がトップクラスですね!細身の足ですが、鞭のようにしなり、ボールがスパイクにすい付くので相手が脚を延ばしても簡単に抜かれてしまうので、ディフェンダーは安易にボールへのアプローチが出来なくなります。

さらに、空いたスペースからコントロールのきいたシュート・早いドリブルを駆使するプレースタイルです。

一方こんな場面も・・・

どう見てもオーバーですよね!昨年開催されたロシアワールドカップでも名演技を披露しました。

皆はもう演技に騙されない!!


何故かというと昨年のロシアワールドカップからVARの制度が導入し、プレーを止めてビデオ確認されるようになりました。

ネイマール選手の演技をまねする子供まで出てきました(笑)


プレー以外にも真似されるとは”さすがスーパースター”ですね!!

他にもこんなものまで・・・


チームメイトのエムバペ選手にドリブルされてますね(笑)

南アフリカのケンタッキーCM:たどり着いた先は・・・

まとめ

レアル・マドリード移籍は0%ではないですね!!
もしレアルマドリードへの移籍を考えると、FCバルセロナとのエルクラシコが注目されますね。
プレー以外にも影響される選手ですから移籍したクラブでのユニホーム・グッズでの収入で移籍金を回収できるので今後のネイマール選手の所属チームが気になりますね。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です