大迫勇也の結婚や彼女や性格は?インスタやツイッターある?年俸や評価は?

スポンサーリンク


半端ないって!!もう皆さんご存知ですよね?散々、ワールドカップ開催中から閉幕までテレビ・SNSでも多く取り上げられましたね~。昨年、新語・流行語大賞でトップテン入りしましたね。

一方、年間大賞はカーリング女子日本代表チーム“そだねー”でしたね。ワールドカップでも“半端ないって!!”

昨年、ロシアワールドカップ2018グループリーグのコロンビア戦では後半28分にヘディングシュートで決勝ゴールを決め、南米の強豪コロンビアを2-1で勝利し、ブラジル大会から4年越しのリベンジを果たしました。あの試合は日本国民が熱狂しましたね。

自分もテレビで観戦していて、日本が得点した時は思わずガッツポーズしましたね!あっという間の90分でしたね。(笑)今月3月22日キリンチャレンジカップ(親善試合)でコロンビアとの試合がありますので、お酒を飲みながら観戦する予定です~皆さんもお見逃しなく!

スポンサーリンク

大迫勇也のプロフィール

 

プロフィール

国籍  :日本
生年月日:1990年5月16日(28歳)
出身地 :鹿児島県南さつま市
身長  :182㎝
体重  :71㎏
在籍チーム:ヴェルダー・ブレーメン
ポジション:FW
背番号  :8
利き足  :右足
好きな食べ物:ハヤシライス
嫌いな食べ物:トマト
ココまでストイック:”炭酸飲料は健康のため飲まない”(半端ないって!)

大迫勇也の結婚や彼女や子供はいるの?

結論から言うと結婚はしています。

 

相手は元モデルの三輪麻未です。彼女はピチ・レモン・ポップティーン・EDGE・STYLEなど様々な雑誌のモデル活動をしていたそうです。

 

気になる馴れ初めは・・・
2012年まで遡ります。知人の紹介で知り合ったそうです。1年半での交際を経て、2014年3月5日に結婚しています

 

さらに、2014年10月には女の子が産まれています。3月5日は大迫選手の愛称”サコ”から取った意味があるそうです。大迫選手より2歳年上です。

 

また、ジュニアアスリートフードマイスターの資格を持っているので、大迫選手はドイツでもバランスのいい食生活が得点に繋がるプレーに直結しているように感じますね。

プレーに目が行きますが、大迫勇也選手の性格は?

一言でいうと負けず嫌いさらに元チームメイトの内田篤人選手(現在、J1リーグ鹿島アントラーズに所属)によるとシャイで口下手だそうです。

自分からは、コミュニケーションをとることは少なく人見知りだそうです。大迫選手よりも大きい選手を相手にしてもボールキープができるのは”負けず嫌い”の部分が関係しているかもしれませんね。

大迫勇也選手はインスタやツイッターはある?

ツイッターはありませんでしたが、インスタグラムはありました。

インスタ:@yuya_osako

主に所属クラブの練習風景・日本代表メンバーに関する投稿が多いようです。

大迫勇也選手の年俸は?

現在、在籍しているヴェルダー・ブレーメンでの年俸はわかりませんでしたが、FCケルン在籍時は1億8000万円でした。

ヴェルダー・ブレーメンはドイツの名門クラブでリーグ優勝4回・DFBポカールはなんと6回も制覇しているチームです。大迫選手は同リーグ、ケルンFCが降格と同時にヴェルダー・ブレーメンに移籍し移籍金600万€(約7億9000万円)です。

自分なりの考察で年俸を予想してみました。ケルンFCは得点源のモデスト選手が2017年に中国へ移籍し、新たな得点源として、大迫選手に期待が大きかったですがチームが勝てず、成績不振で2部に降格してしまいました。

それを受け、昨シーズンの大迫選手の活躍からすると減額かもしれませんね。モデスト選手は昨年8月に古巣ケルンFCに1年4か月ぶりに復帰しました。

さて大迫勇也選手の評価は?

評価はイマイチみたいですねですが期待は大きいようです。背中の怪我に悩まされ、中々試合でもいいパフォーマンスが出来できていません。前半戦では15試合4ゴールでした。ヴェルダー・ブレーメンは積極的に選手の補強していました。

大迫選手もその一人ですが、オランダ代表のクラ―セン選手をプレミアリーグのエバートンからクラブ最高額1350万€(約17億円)で獲得しました。さらに、大迫選手と同じポジションの選手を獲得したため、クラブ内の競争率が高く、レギュラーへの定着は難しそうです。

だが、クラブスタッフなどからは技術面・柔軟に監督の戦術に対応でき、前線のポジションも幅広くこなせると評価は高そうですね。

一方、日本代表ではどうでしょう?
今年1月AFCアジアカップUAE2019:トルクメニスタンでは2ゴールの活躍し、3対2で勝利しました。その際の、海外メディアの評価は10点中9点の最高評価を獲得しました。

日本対トルクメニスタン

日本代表の中は評価は高く、安定のあるドリブル・ボディバランスを生かしボールキープなどを武器に、多くの代表に先発で選ばれています。

しかし、22日(コロンビア戦)・26日(ボリビア戦)に行われる。親善試合では怪我のリハビリ状態などを考慮されて、選ばれませんでしたが、大迫選手に代わる選手が何人か選ばれたので、怪我からの復帰した際の日本代表でもレギュラーに定着できるか、気になります。

早く怪我を治して半端ないプレーを自分も含め観客に見せてもらいたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です