横山玲奈の父や身長や中学は?2019年高校卒業!かわいい写真集やブログも

スポンサーリンク

以前、記事を書きました加賀楓と全く同じ日にモーニング娘。13期生として史上初の2人デビューを果たした横山玲奈について、今回はご紹介させていただきます。

2016年1月に実施された13期メンバー 新世紀メンバーオーディションに応募。3次審査まで進出しましたが、落選。同年8月、ハロプロ研修生に加入、そこからは最速の4ヶ月で、同年12月12日、モーニング娘13期生に加入したことが発表されました。

以下は、事前に加入を知らされたときの横山玲奈の様子です。嬉しすぎて感極まってしまったのでしょうか泣いてます。見てるこちらも泣けてきます。

スポンサーリンク

横山玲奈(モーニング娘’19)の身長などのプロフィール

横山玲奈(ヨコヤマ レイナ)

ニックネーム:よこやん
生年月日:2001年2月22日
血液型:O型
出身地:埼玉県
特技:アルトサックスを吹くこと
趣味:音楽を聴くこと、踊ること
好きな音楽ジャンル:J‐POP
好きなスポーツ:ダンス、サッカー
座右の銘:時間を大切に!
ハロー!プロジェクト加入:2016年12月12日 (モーニング娘。加入日)

個人の公式はありませんがモーニング娘。の公式サイトはこちらになります。
モーニング娘。’19公式Instagram⇒https://www.instagram.com/morningmusume_official/
モーニング娘。マネージャーTwitter⇒https://twitter.com/MorningMusumeMg

ニックネームの「よこやん」ですが、モーニング娘。なりたての時は実際の研修生期間は4ヶ月ほどなので、はっきりとしたニックネームはついておりませんでした。加賀楓のオフィシャルブログ、2017年1月27日によると、当初は「よこよこ」と命名されたそうです。(アンジュルム和田彩花さん命名)

さすがに、公式に載せられないと事務所が修正かけたんですかね。身長は152.5cmがほぼ確定情報のようですが、本当の身長に関する言質は見つけ出すことができませんでした。

ここで、特技が「アルトサックスを吹くこと」とありますが、そもそもアルトサックスって何でしょうか。楽器なのは何となく分かりますが、具体的なイメージがわいてくる人って、少ないと思います。

実は横山玲奈は、中学生の時に吹奏楽部に入部しており、2年生の時には第62回全日本吹奏楽コンクールに出場していた経験があります。その時に担当していた管楽器がアルトサックスです。

今、手元に「吹奏楽の星」2017年度版という全日本吹奏楽コンクールの年鑑のようなムックがあります。ここで、インタビュー形式で中学生時代に吹奏楽部にいたことを横山玲奈が答えている記事がありますので、中学生時代の横山玲奈と吹奏楽との出会いについて、少し書かせていただきます。

入部当初は、学校のものを借りていたようですが、中学2年の時にはヤナギサワというメーカーのアルトサックスを直感的に気に入り、購入します。名前も「くぅ~ちゃん」と名付けます。設定は女の子です。なぜ?どこらへんが?「くぅ~ちゃん」なのでしょう。やはりこれも直感からくるものなのでしょうか。

そして、横山玲奈は「くぅ~ちゃん」を引っさげ、吹奏楽部の仲間と共に県大会、西関東大会、全日本吹奏楽コンクールへと突き進むのです。

このときの吹奏楽部での経験が、横山玲奈を研修生として、最速の短期間でモーニング娘。13期生に加入させる原動力となります

それは2年生になった時に吹奏楽部の顧問が新任の先生に代わった時から始まりました。その先生は「まず仲間を大切にしなさい」とおっしゃる人でした。

音楽を作るのは吹奏楽部全体のメンバーなのだから、個人練習も大事なんだけど、仲間の音を聴いて練習しなさい」と繰り返し言い続けました。その言葉を聞いてから、横山玲奈の意識が変わっていきます。

アルトサックスはソロで演奏することも多いので、1年生の頃は非常に厳しい練習ばかりで自分のことで精一杯だったようですが、2年生になってからは周りを見る余裕ができ、「ひとつになる」と言う感覚を感じられて、その後それが大好きになったのです。

楽器だけでなく、小さい頃からジャズダンスを習っていて、歌も好きな横山玲奈は小学生の時からモーニング娘。に憧れていて、アイドルになってみたいなという夢も持っていました。

しかし、そのために必要な土台は中学生活3年間の内に限りなく完成に近づいていたのです。

以下に、加賀楓と交互に得意な楽器を演奏する動画を貼りました。横山玲奈ソロのアルトサックスをぜひ聞いてみてください。

音流〜ONRYU〜

続いてジャズダンスですが、元々、ジャズダンス自体は「形にとらわれず、喜怒哀楽を自由に表現する」ダンスです。バレエのバランス感覚と優美さ、そしてヒップホップの自由さとリズム感を融合させたダンスと言うことができます。劇団四季や宝塚歌劇団、J-POPのバックダンサーが踊っているのもジャズダンスそのものです。

そういう意味では、幼稚園の年長の時から7年間の成長期にジャズダンスの基本を身に着けた身体能力とダンススキル、リズム感は、即戦力と呼ぶにふさわしいレベルです。

ただ、好きだというサッカーは観戦専門です。

大先輩である工藤遥、研修生として大先輩である加賀楓、のイケメン担当で高身長の二人と歌って踊っても、不思議と身長の低さを感じません。これが全体でひとつになるということなのでしょうか。

プロフィールの締めは、横山玲奈のソロライブまとめ動画とさせていただきます。

横山玲奈(モーニング娘’19)の卒業した高校や中学は?

やはり、出身校というのは気になるものですね。上記の吹奏楽部のエピソードから、埼玉県からの第62回全日本吹奏楽コンクール出場の中学校は以下の3校のみです。

・川口市立神根中学校 (初出場)南部地区大会・金賞
・さいたま市立岸中学校(2年ぶり3回目)西関東大会・金賞
・越谷市立大相模中学校(初出場)西関東大会・金賞

このどれかなのは間違いないのですが、さすがに1校に絞り込むのは無理でした。

そして、高校はと言えば、特進コースに入っているらしいという情報のみで、これはいくつかに絞り込むのも無理でした。やはり、アイドルが通っている高校を特定するのは難しいです。

横山玲奈(モーニング娘’19)の写真集の売り上げは?

2018年6月27日、横山玲奈さんファースト写真集「THIS IS REINA」(ワニブックス)が発売されました。

東京・秋葉原の書店「書泉ブックタワー」を含む書泉店舗の6月の「女性タレント写真集売上ランキング」が5日、発表され、アイドルグループ「モーニング娘。’18」の「THIS IS REINA」(ワニブックス)が1位となりました。

こうしたランキングは毎月、全て入れ替わるものなのですが、その中で1位に輝いたのですから、それだけ多くのファンが待ち望んでいたといえるでしょう。早く、セカンド写真集が出てほしいものです。

横山玲奈(モーニング娘’19)の父親について

2018年6月17日、モーニング娘。横山玲奈の父親が亡くなりました。享年55歳、死因は不明ですが、一般的には若すぎる死と言っていいと思います。

以下に同年6月20日にハロプロ公式サイトで発表された横山玲奈の父親の訃報が発表されています。

モーニング娘。’18 横山玲奈 御尊父訃報のお知らせ
モーニング娘。’18 横山玲奈 御尊父が6月17日にご逝去されました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
告別式は本日20日、一日葬で執り行われました。

17日、大阪メルパルクホールでの「ファラオの墓~蛇王・スネフェル~」
の開演直前に訃報が入ってきたため、舞台は出演いたしましたが、
その後阪急西宮ガーデンズで行われたシングル発売記念イベントは欠席させていただきました。
イベントに出演できなかったこと、そして葬儀が終わるまで詳細を発表できなかったことを
ご容赦・ご理解いただければと思います。

喪に服する間も十分取れないままツアーのファイナルまで駆け抜けて参りましたので
6月24日(日)に行われるシングル発売記念イベントを欠席させていただきます。
振替等の対応に関しましては改めて案内させていただきます。

今後とも横山玲奈、そしてモーニング娘。’18を応援していただきますよう、
お願いいたします。

2018年6月20日
株式会社アップフロントプロモーション
代表取締役 西口猛
出典:http://www.helloproject.com/news/8760/

内容的には何の違和感もありません。6月15日~最終公演日である6月17日の出演をプロ根性でやってのけ、その後のシングル発売記念イベントは体調不良を理由に欠席して、父親の元に向かった。それだけです。

違和感があるとすれば、ハロプロが公式サイトでアイドルの家族の訃報を伝えたことですね。

通常、ハロプロではアイドルの家族は一般人として扱い、他界しても、事務所はそれを公式には発表しません。4期メンバーにして、4代目リーダーを務めた吉澤ひとみの実弟が事故死したときでさえ、ハロプロでは公式な発表は一切なく、スポーツ新聞の報道でファンは事故死の事を知ったくらいでした。

今回、ハロプロが公式発表を行ったのは、スケジュールが過密な時期と父親の亡くなった時期が重なり合ったのが原因です。

17日に訃報が届いた当日、最終公演開始直前に父親の訃報を聞きながらも、横山玲奈はなんとか乗り越えましたが、その後のシングル発売記念イベントは、方便としての「体調不良」を理由に欠席してしまいます。

問題は、その後のスケジュールにありました。19日、20日とツアーファイナルとなる武道館公演があり、さらに20日は、12期メンバー 尾形春水の卒業公演でもあり、欠席など論外の状況でした。

そして、ツアーファイナルが終わった20日には父親の告別式が行われたそうです。

横山玲奈が、父の死に立ち会えず、告別式にも出られなかったことは「芸能人だから仕方ないじゃないか」の一言ですますのは極めて容易なことですが、女子高生には少々、酷な流れだった気がします。

そして、今度は24日の握手会です。ハロプロの事務所も、ここで一息入れさせないとと心配だったのでしょう。だからといって、また「体調不良」というわけにも行きません。握手会はその後もありますし、悪意のないファンからの質問攻めに遭うことが容易に想像できたからでしょう。

それが20日の公式発表につながったと思います。

横山玲奈が父の死をブログで公表したのは、6月25日でした。十分な心の整理がついてはいないと書いていましたが、自分がモーニング娘。として活躍していることを父親は喜んでくれていた。その父を喜ばすためにもこれからもモーニング娘をがんばるという決意表明は本気だと思います。

それに、そんな横山玲奈を元気づけるための言葉をかけてくれる人もいました。それが明石家さんまです。

以下はヤングタウン土曜日というトーク番組で、明石家さんまが得意の毒舌をとり混ぜながら、横山玲奈を励まそうという言葉が入っています。

横山玲奈(モーニング娘’19)のかわいい画像が見たい!

横山玲奈の可愛い画像を集めてみました。特に3番目の画像は必見だと思います。

横山玲奈(モーニング娘’19)基本情報まとめ

・プロフィールにはいささか情報を入れすぎましたが、一言で言えば、幼稚園の時から始めたジャズダンスと中学生としての3年間の吹奏楽部が、今の横山玲奈を形作ってきたのは間違いありません。

・出身校に関しては中学はかなり絞り込めましたが、すでに卒業したとはいえ高校までは無理でした。

・ファースト写真集は地域限定とはいえ、その月のランキング1位を飾ったのですから先行きは明るいです。

・父親が早くに亡くなられたのは残念でなりません。しかし、これからの活躍も期待「大」です。

・なるべく可愛い画像を集めてみました。普通に可愛い画像だけでもつまらないので、眼鏡っ子の画像も入れてみました。これは好みが分かれますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です