モーニング娘歴代で歌が下手な音痴メンバーランキング2019!人気は?

スポンサーリンク

モーニング娘。といえば、踊りながらも生歌を披露してくれると言う点で、他のアイドルグループとは一線を画す存在ですよね。

その分、歌割りのまわってきたひとが音痴で音程が外れていると、それがもろに観客に伝わってしまいます。

 

最近のモーニング娘。は、歌割りの偏りが激しいですが、それは音痴の人が歌って音程を外すと、せっかくの楽曲が台無しになると思われているからなのでしょうか。

 

それにしても、ワンフレーズくらいならどんなに音痴な人でも歌えると思いますが・・・。

歌が下手でも人気のあるメンバーはたくさんいます。

 

今回は、モーニング娘。歴代で歌が下手な音痴メンバーランキング2019をお送りしていきたいと思います。

スポンサーリンク

モーニング娘歴代で歌が下手な音痴メンバーランキング2019!人気は?

モーニング娘。歴代でランキングなので、結構たくさんのメンバーがいますが、歌が下手な音痴メンバーをみていきましょう。

モーニング娘歴代で歌が下手なメンバーランキング2019第1位は道重さゆみ

道重さゆみは美しい・・・・。

田中れいなとユニット組むとなんか売れそうな気がする・・・。

出典:https://twitter.com/ladeesse_my

 

 

引用元:https://twitter.com/

 

モーニング娘。歴代でもっとも歌が下手だと思われるのは、道重さゆみではないでしょうか。

彼女のエピソード「歌に音程があることを知らなかった」は有名ですよね。

 

また、彼女が歌うパートには、過去されていることが多いこともファンの間では有名です。

「恋愛ハンター」という曲で、道重さゆみさん自身がテレビで私のパートだけ加工されているとおっしゃっていました。

 

また、自分でも歌が下手だということを自覚しており、逆に売りにしています。

今でも覚えているのが、「Help me!」という楽曲で、田中れいなが歌っていたパートを道重さゆみが引き継いだことです。

 

道重さゆみと同期の田中れいなは歌がうまいということで有名です。

そんな歌が上手いメンバーのパートを道重さゆみが引き継いだのがなぜ?と当時は思っていました。

 

テレビでその歌を披露した時に「我慢なんてできない」というパートが見事に音程が外れており、せっかくの曲が台無しになった気持ちになってしまいました。

 

道重さゆみは何も悪くはないのですが、なぜそのパートが歌が下手な道重さゆみに引き継がせたのか、という事務所のやり方に疑問だったのです。

歌が下手な人が引き継いだ例でもうひとつ個人的に残念だったのが、「One Two Three」の鞘師里保のパートを石田亜佑美が引き継いだことです。

 

引き継いだ直後あたりでは、「10カラッとのダイヤよりも」や「ほんとはちょっと甘えたい」のパートが音程が外れていました。

最近は昔よりはよくなったように思えますが、どちらかといえば、そこは小田さくらに引き継いで欲しかったですね。

 

このことから、オリジナルのメンバーが卒業した後にパートを引き継ぐのは、歌の上手い下手では決められていないということがわかります。

モーニング娘。は歌割りを偏らせて上手い人に歌わせている割りには、パートを引き継ぐ時は音痴メンバーにも引き継ぐという矛盾があります。

 

決めている人が、何を基準にしているのか知りたいですね。

モーニング娘歴代で歌が下手なメンバーランキング2019第2位は尾形春水

引用元:https://twitter.com/

 

尾形春水は歌の下手さがなかなか群を抜いている気がします。

加入当初の歌審査などを見ると、どれくらい下手なのかがわかります。

 

また、尾形春水は2018年にすでに卒業しており、活動期間も4年間と短いうえ、セリフはあっても歌割りが全くなしといっても過言ではないくらい歌のパートが与えられませんでした

 

尾形春水といえば、歴代の音痴だけどルックスはパーフェクトの石川梨華に近い存在ではあったと思いますが、石川梨華よりも歌が下手なのだったからか、音痴すぎたのか、歌声を聴く機会は極端に少なかったです。

 

いくら下手でも、2文字や5文字くらいまでなら音程をとれると思うのですが・・・。

さらに、卒業公演の「涙が止まらない放課後」では、ソロで全部を歌い、歌も音痴で聞けないレベルでもなく、かなり歌のレベルも上達していました。

 

であれば、なおさら歌割りを少しあげてもよかったのでは、と思います。

13期メンバーが入ってきたあとに、「羽賀朱音と尾形春水にはもうしこし焦ってもらいたい」などと言われる始末。

 

加賀楓が13期メンバーだったのですが、加賀楓は研修生時代からの下積みを数えると尾形春水よりも先にスタートしていたと聞きます。

ファンの間では、歌割りが与えられず、さらには13期よりもポンコツだと暗に言われ流という始末で、本人も自信を無くしていたと推測されています。

 

実際に佐藤優樹に助けを求めるくらい、精神的にまいっていたようです。

モーニング娘歴代で歌が下手なメンバーランキング2019第3位は紺野あさ美

引用元:https://twitter.com/

 

紺野あさ美も歌割りが少なかったメンバーの一人です。

しかし、「涙が止まらない放課後」ではセンターでメインで歌割りをもらうなどといったVIP待遇もありました。

モーニング娘歴代で歌が下手なメンバーランキング2019第4位は石川梨華

引用元:https://www.bilibili.com/video/av10430472/

 

個人的にはそんなに歌がめちゃめちゃ下手だとは思っていません。

実際に、「好きすぎてバカみたい」をソロで歌っている動画もありましたが、上手になっていました

 

歴代メンバーランキングなので、特に歌が下手だということで有名だったメンバーになってしまいますね。

モーニング娘歴代で歌が下手なメンバーランキング2019第5位は羽賀朱音

引用元:https://twitter.com/

 

ひなフェスでソロで羽賀朱音が歌っているときがありましたが、あまり上手いとはいえないかんじでした

実際に、現在のモーニング娘。の中でも典型的なセリフメンバーとなっています。

モーニング娘歴代で歌が下手なメンバーランキング2019第6位は飯窪春菜

引用元:https://twitter.com/

 

飯窪春菜も歌割りが全然回ってこないメンバーのひとりです。

そのため、どの程度下手なのかも正直ジャッジが難しいところです。

モーニング娘歴代で歌が下手なメンバーランキング2019第7位は生田衣梨奈

引用元:https://twitter.com/

 

生田衣梨奈といえば、歌割りくれー!キャラで有名です。

いつも歌割りがないことを嘆いて、それがもう生田衣梨奈のネタになっています。

 

たまに、歌割りがあるようですが、生田衣梨奈の歌声にぴったりのパートなのか、特に音痴だとも思いません。

モーニング娘歴代で歌が下手なメンバーランキング2019第8位は石田亜佑美

引用元:https://twitter.com/

 

最初の方で言いましたが、One Two Threeの鞘師里保パートをほとんど受け継いだのは石田亜佑美です。

楽曲によっては、彼女の歌声がうまくハマる楽曲もあるのですが。

 

例えば「Tokyoという片隅」の石田亜佑美のパートは特に音痴だと思いません

モーニング娘歴代で歌が下手なメンバーランキング2019第9位はジュンジュン

引用元:https://aikru.com/archives/998

 

中国人留学生のジュンジュンとリンリンは、歌割りが少なすぎて歌がうまいのか下手なのかもわかりません。

個人的にもあまりチェックしていないメンバーでもあります。

 

ただ、田中れいなに、音程を外すメンバーとして、道重さゆみとジュンジュンが指摘されていたので、下手なのだと思われます。

モーニング娘歴代で歌が下手なメンバーランキング2019第10位は亀井絵里

引用元:https://twitter.com/

 

亀井絵里も歌割りが少ないメンバーの一人です。

デビュー曲「シャボン玉」でセリフもソロパートも唯一なかった6期メンバーです。

 

どうして亀井絵里だけソロパートを与えなかったのかが不思議です。

 

顔はかわいいのに、その後も道重さゆみと同じくらい歌割りが少なかった印象あります。

もっと輝ける場面を与えてあげてもよかったのにとは思います。

まとめ

今回は、モーニング娘の歴代で歌が下手な音痴メンバーランキング2019!ということで見ていきましたがいかがでしたでしょうか。

歌が下手でも人気のあるメンバーもいます。

 

アイドルにとって、特にモーニング娘。のような他に歌える人が歌ってルックスだけで勝負できる人もいるわけですので、歌が下手であることは特に人気には直接関係しないのではないでしょうか。

 

石川梨華の人気はトップといっても過言ではないくらいでした。

どのメンバーも、最初はひどくてもだんだんとある程度はよくなってきています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です