モーニング娘18ニューヨーク公演セトリと海外の反応や人気は?感想も

スポンサーリンク

モーニング娘。’18が、2回目のアメリカ、ニューヨーク公演が開催されます。

前回のニューヨーク公演は2014年で、モーニング娘。’14でしたね。

 

そのときはまだ、道重さゆみもいたし、ズッキこと、鈴木香音もいたんですよね。

そして、当時まだぽっちゃりキャラでうっていた、ズッキがアメリカのファンから一番大きな声援を浴びるなど、鈴木香音が海外で人気があることを証明してくれました。

 

残念ながら、もう鈴木香音はいません。

しかし、モーニング娘。は、18になっても、その人気は止まることを知りません。

 

つい1週間ほど前には、メキシコ公演を成功させたばかりです。

今回は、モーニング娘18ニューヨーク公演のセトリと海外の反応や人気と海外ファンの感想などについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

モーニング娘。’18ニューヨーク公演基本情報

出典:http://animenyc.com/anisongworld2018/

 

アメリカ、ニューヨークで開催される、「Anisong World Matsuri at Anime NYC 2018」にモーニング娘。’18出演します。

 

日程や会場などの基本情報は以下の通りです。

 

イベント名:Anisong World Matsuri at Anime NYC 2018

日程:2018年11月17日(土)

会場:Hammstein BallRoom

 

出演者情報

11月16日公演:鈴木このみ、TRUE、春奈るな 他

11月17日公演:影山ヒロノブ、きただにひろし、中川翔子、モーニング娘。’18

モーニング娘18の出演は11月17日です。

出典:http://animenyc.com/anisongworld2018/

 

公演詳細に関しましては、下記サイトをみてください。

http://animenyc.com/anisongworld2018/

 

会場アドレス:Javits Center,655 W 34th St, New York, NY 10001

チケットの価格

Anisong VIP Tickets: $138

General (Standing): $53

1st Balcony: $48

座席表

出典:http://animenyc.com/anisongworld2018/

 

どうやら、3階立てのセットになっているようですね。

細かい座席までは、わかりませんでした。

モーニング娘18ニューヨーク公演セトリネタバレは?

モーニング娘18が出演するのは、11月17日です。

サイトをみましたが、何時に出演するのかは、今の所はわかりませんでした。

 

さて、気になるのが2018年ニューヨーク公演のセトリですよね。

今はまだ、セトリネタバレがきていませんので、わかり次第更新ということにします。

海外の反応や人気は?感想も

前回の2014年のニューヨーク公演で海外の反応での一番ファンの間で話題になったのが、鈴木香音ちゃんが一番人気にだったことですよね。

 

今回は、だれが一番人気なんでしょうね。

ぽっちゃりキャラは、もういません。

 

また、ファンとして、気になるのが海外の反応や、海外の人気ですよね。

前回のニューヨーク公演では、感動して泣いている海外ファンがいたのが印象的でした。

 

また、行った人の感想も気になりますよね。

公演が終わって、感想がありましたら追記します。

ちなみにこの海外公演の直前まで、横山玲奈ちゃんの体調不良が続いており、ファンのみなさんが心配されていました

海外公演とはいえ、海外ですので、リフレッシュにはちょうどよかったのではないでしょうか。

 

うつ病かもしれませんが、この海外公演を機に、元気を出してくれたら、ファンとしては嬉しいですね。

まとめ

今回は、モーニング娘18ニューヨーク公演セトリと海外の反応や人気と感想についてまとめていきましたがいかがでしたでしょうか。

モーニング娘。も、最近は海外公演が増えていますよね。

 

モーニング娘。は残念ながら、紅白には出場できませんでしたが、その分海外からの人気は上がりつつあります。

 

これからも、どんどん海外に進出して欲しいですね。

また、個人的には、バリバリのクラブサウンドでかっこいい振り付けのモーニング娘。をみてみたいです。

 

韓国のBTSがアメリカのビルボードチャートで1位を獲得したり、PSYの江南スタイル(カンナムスタイル)が全米でヒットして、アメリカのクラブで流れてアメリカ人がノリノリで踊っていたりしています。

 

その秘訣は、やっぱり世界的なサウンドの流行に乗っているというのもあると思うんですよね。

ハロプロには、ダサいのいいなんていう風潮がありますが、ダサい振り付けだけでなく、かっこよすぎる振り付けもみてみたいです。

 

そしていつか、ビルボードチャートに乗る日がくればいいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です