セレーナゴメス友人の腎臓移植で病気は?ジャスティンが原因で入院?

スポンサーリンク

10月もあと一週間です。

ハロウィンも、一番の盛り上がりの時になってきていますね。

海外では、最近世界的ポップスター、ジャスティン・ビーバーが、ヘイリー・ボールドウィン入籍し結婚したという報道がありました。

 

ヘイリーとジャスティン

出典:https://www.capitalfm.com/artists/justin-bieber/photos/hailey-baldwin-relationship-timeline/

ジャスティン・ビーバーは、女性ファンがたくさんいるので、女性ファンからするとちょっとジェラシーを感じてしまうひとも少なからずいたのではないでしょうか。

しかし、ジャスティン・ビーバーは、ヘイリー婚約する前は、セレーナ・ゴメスと付き合っていました。

 

セレーナとジャスティン

 

出典:https://www.wmagazine.com/story/selena-gomez-justin-bieber-relationship-break

ジャスティンビーバーが、セレーナ・ゴメスと別れた後、すぐにヘイリーと婚約したのは、セレーナにとっては受け入れがたいことだったようです。

 

セレーナは、友人からの腎臓移植を受けて、精神科に入院しているという報道がありました。

セレーナは、腎臓移植を受けなければならないような、大きな病気になっていたようです。

 

今回は、友人から腎臓移植を受けたセレーナ・ゴメスの気になる病気についてと、現在うつになって精神科に入院しているのは、ジャスティンの婚約が原因と言われているが、真相はどうなのかについて調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

セレーナ・ゴメスプロフィール

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%A1%E3%82%B9

ジャスティンビーバーの元カノのセレーナ・ゴメスとは一体どんな女性なのでしょうか。

いかにセレーナの基本プロフィールをまとめておきます。

 

出生名: セレーナ・マリー・ゴメス(Selena Marie Gomez)

誕生日: 1992年7月22日(26歳)

出身地: アメリカ合衆国テキサス州グランドプレーリー

 

職業: 女優、歌手、ダンサー、ソングライター、ファッションデザイナー、フィランソロピスト

ジャンル: ダンスポップ、R&B、ヒップホップ、ポップロック、ポップ

活動期間: 2002年から

 

レーベル: ハリウッド・レコード (2009年-2014年)、インタースコープ・レコード (2014年から)

身長:165cm

 

セレーナは、1992年7月22日アメリカ合衆国テキサス州グランドプレーリーで、メキシコ人の父リカルド・ジョエル・ゴメス(当時17歳)とイタリア系アメリカ人母マンディ・コーネット(当時16歳)の元に生まれたそうです。

 

ええ、17歳と16歳のとーちゃん、かーちゃん?!

おったまげー!

親、わかすぎるじゃーん!って思ったのは私だけ?

5歳の時、両親が離婚し母に引き取られたそうです。

 

イタリア系アメリカ人とメキシコ人の間に生まれているので、確かにちょっとラテン系の顔つきですよね。

だいたい、混血やハーフの人って、イケメンかイケガールが多いと思うの、私だけー?

26歳ですが、顔はすこし幼く見えますね。

 

ちょっと優しそうな顔つきで、めちゃめちゃかわいいです。

ジャスティンビーバーが、恋に落ちる理由もわかりますよね。

 

セレーナ・ゴメスは、ディズニー・チャンネルのオリジナルドラマ『ウェイバリー通りのウィザードたち』のアレックス・ルッソ役で最も知られているそうです。

アメリカのティーンネージャーには絶大的な人気を誇っているそうです。

 

ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー『ウェイバリー通りのウィザードたち ザ・ムービー』でも主役を演じていたようです。

女優である一方で、ポップロックバンド「セレーナ・ゴメス&ザ・シーン」のボーカルを務めているようです。

 

2008年にレコード会社ハリウッド・レコードと契約を締結して、スタジオ・アルバム『キス&テル』(2009年)、『ア・イヤー・ウィズアウト・レイン』(2010年)、『ホエン・ザ・サン・ゴーズ・ダウン』(2011年)、『スターズ・ダンス』(2013年)、コンピレーション・アルバム『フォー・ユー』(2014年)、サウンドトラック『ウェイバリー通りのウィザードたち インスパイア・アルバム』(2009年)、インタースコープ・レコードへ移籍後、初リリースしたアルバム『リバイバル』(2015年)などがあります。

セレーナ・ゴメスの病気は?

セレーナ・ゴメスがが患ったループス(全身性エリテマトーデス)という病気は、自己免疫疾患の一種で、日本では難病に指定されているそうです。

英語では「Systemic lupus erythematosus」と呼ばれ、略語として「SLE」と言われるそうです。

症状はさまざまで、発熱や倦怠感、関節痛、手足に赤い発疹ができることがあるそうです。

セレーナは、この病気、ループス(全身性エリテマトーデス)により、精神的な落ち込みにも苦しんでいたようです。

 

ループス(全身性エリテマトーデス)は鬱、不安症、パニック発作といった精神面への影響も伴うようです。

しかしループス(全身性エリテマトーデス)の原因は、未だはっきりしていないようです。

 

日本には患者が10万人もいるそうです。

しかし、医療機関を受診していない人を含めると、2倍の20万人がこの病気を患っていると予想されています。

腎臓移植のドナーの友人はどんな人?大丈夫?

セレーナは、ループス腎炎と呼ばれる腎臓障害を発症していたようです。

そして、腎臓移植を受けなければならないほど病状は、深刻な状態だったようです。

 

腎臓を提供してくれたのは、親友の女優フランシア・ライサ。

腎臓は、高齢者でなく、健康であればだれでも提供できるそうです。

 

しかし提供者である、フランシア・ライサは、腎臓が半分になってしまうので、健康上の支障がないとは言い切れません。

ほとんどの提供者に問題はないそうですが、危険性はゼロではないため、定期検診が必要だと言われています。

 

いった、フランシア・ライサにリスクを負ってまで腎臓を提供させたのは、どんな理由があったのでしょうか。

今後何かしらのコメントがあるかもしれません。

 

フランシア・ライサとセレーナ

出典:https://www.thetimes.co.uk/article/caitlin-morans-celebrity-watch-the-radfords-britains-biggest-family-gh88z6g6z

 

精神科に入院することになった原因は病気?ジャスティンの婚約か?

10月になってセレーナが、情緒不安定で9月から2度の緊急入院をして、現在は精神科の施設で治療をしていることがわかりました。

これにはやはり、元恋人とジャスティンの婚約、結婚が関係していると言われています。

 

セレーナはなんと、1億3300万人という、世界一のインスタグラムのフォロワー数を持っているそうです。

しかし、9月23日の「覚えておいてほしい、誰だってネガティブなコメントには傷つくものよ。当たり前だけど」というメッセージを最後にインスタから遠ざかっているそう。

 

実は、ジャスティンとセレーナが婚約発表後、セレーナのインスタに、「ジャスティンはあんたのような女と結婚しなくてよかった」などといった嫌がらせの書き込みが投稿されるようになっていたそうです。

 

これが、傷心のヘレーナに追い討ちをかけたようです。

ヘレーナは情緒不安定で、腎臓移植の影響なのか、白血球の数が以上に低いことを引き金にヒステリックになったりしていたようです。

まとめ

今回は、友人から腎臓移植を受けたセレーナゴメスの病気や、精神科に入院した理由は、ジャスティンとヘイリーが婚約したのが原因なのかについて書いていきました。

ジャスティンも、突然泣き出すなど、情緒不安定なところを見せているようですが、理由はヘレーナだと言われています。

 

セレーナのことを応援しているファンの方がたくさんいるので、早く元気になってほしいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です