スポンサーリンク

いきなりですが質問です。この人はいったい誰でしょう??

そうです。今、目が離せないイギリスの若手俳優タロン・エガートンです!!

 

イケメンじゃないですか。はにかんだ笑顔がすっごくキュート!!(^^♪

え、本当に同じ人物なのかって??

実は今度の新作映画『Rocketman (ロケットマン)』に向けて、役作りのためにルックスが激変しているのです。

今回は映画『Rocketman (ロケットマン)』とはどんな作品なのか、キャスト紹介も含め、なぜタロンが奇抜な姿へと変貌しているのか比較しながら謎を解いていきましょう。

 

スポンサーリンク

新作『Rocketman (ロケットマン)』はあの人の人生を赤裸々に?

映画の舞台は70年代のロンドン。数多くの名曲をこの世に生み出したエルトン・ジョンの若かりし頃をミュージカル風に仕上げた伝記映画です。

エルトン・ジョンが音楽の世界でスーパースターになるまでの苦悩、ジョンの音楽パートナーであるバーニー・トーピンとの出会いや共に曲を作っていく中で親密になっていく2人の深い関係が描かれています。

映画のタイトル『ロケットマン』1972年に発表されたエルトン・ジョンの楽曲名にちなんでつけられています。


 

こちらがエルトン・ジョンの写真です。1947年3月25日生まれ。現在71歳ですが、今も昔と変わらない勢いでバリバリ音楽活動をされています。

皆さんが彼の存在を知った時には、彼は既に世界で名の知れたミュージシャンだったのではないでしょうか。

70年代となるとほぼ半世紀遡りますね。どんな過去があって今をイキイキと輝くことができているのかとても気になります。

 

注目のキャスト エルトン・ジョンを演じるのは誰だ?

ここでやはり気になるのは主役エルトン・ジョンを演じるキャストの俳優さんです。

エルトン・ジョンを演じるのは…映画『キングスマン』シリーズで主演をつとめた今注目の若手俳優タロン・エガートンです。

真っ赤なサングラスをかけて、キラッキラのまぶしいオレンジのボディースーツを身にまとい、おまけに頭に変な角まではえています。

エルトン役をするにあたり、奇抜な衣装を着ての撮影となりました。

左から順にタロン・エガートン、エルトン・ジョン、ジェイミー・ベルです。

タロンエガートンと若かりし頃のエルトンジョンはどのくらい似てるの?写真で比較!

撮影時に映画をより忠実に再現するため、タロンは特殊メイクでエルトンそっくりにされてしまったみたいですよ。

まったく違うタイプの顔つきに思えますが、本当にそっくりになるんでしょうか?

その比較写真がこちらです!!

おおー!!似てるか?!(@_@)これがエルトンの若かりし頃の姿なんですね!!同然ですが若い!!!

この格好なら道ですれ違ったとしても誰もタロンとは気づかないですね。今の特殊メイクってすごいんですね。そっくりに仕上がっています。

 

若かりし頃の、エルトンジョンを知っている人ならば、似てる!と思うんでしょうね!

比較して見て、あなたのタイプのタロンは、どっちですか?

 

 その他のキャストは

バーニー・トーピン(エルトンの音楽パートナー)役をジェイミー・ベル
ジョン・リード(歌手マネージャー)役をリチャード・マッデン
シーラ・アイリン(エルトンの母親)役をブライス・ダラス・ハワード

などの実力俳優たちも出演し、タロン・エガートン(エルトン・ジョン)の脇を固めます。

ちなみに監督は『ボヘミアン・ラプソディ』を手がけたデクスター・フレッチャーが務めます。

 

タロンが語る『Rocketman (ロケットマン)』の見どころ

さあ、タロンがエルトンに激似のところも見どころですが、他にもいろいろと『Rocketman (ロケットマン)』注目すべきポイントはまだまだありますよ。

 映画公開にあたりタロンはインタビューでこのように語っています。

「みんなこれは伝記映画で思っているけど、そんなもんじゃないですよ。ファンタジー・ミュージカルです。彼(エルトン・ジョン)の歌は彼の人生に欠かすことのできないリズムを刻み、彼の人生を感動的なものへと彩っていくのですよ。彼はただ歌うだけのキャラクターではない。楽しめる作品になっていますよ。」

出典:http://collider.com/taron-egerton-interview-rocketman-robin-hood/#images

 

「彼(エルトン・ジョン)の役をするにあたり、すごく彼のキャラにのめり込んでしまいました。この映画のすべてが最高の作品です。」

出典:https://www.vanityfair.com/hollywood/2018/11/taron-egerton-rocketman-sex-scenes

 

タロン・エガートンは2017年に日本で公開された『SING(シング)』でも、ゴリラ少年のジョニー役でエルトン・ジョンの名曲「I’m Still Standing」を見事な歌声で熱唱しました。

今回のエルトンを演じる際も「実際に歌うつもりですよ。口パクはありません。」と意気込みを明かしています。

 

このようにタロンも絶賛しており、生の歌声まで聴くことができる!!

声も似てるんでしょうかね!?これはもう見るしかありませんね!!

 

エルトンも『キングスマン・ゴールデン・サークル』でタロンと共演しており、2人は深い繋がりがあるようです。

 

 

 ROCKETMAN Official Trailer (2019) Taron Egerton, Elton John Biopic Movie HD   

こちらは予告映像です。イケイケのライブステージは体が勝手に動いてしまうこと間違いないでしょう!

またこの映画の一部はセックス・アルコール/ドラック中毒の要素を含むためR指定だそうです。しかし、エルトンの人生を包み隠さずに、ありのままの姿を描いたところもこの映画の見どころのひとつではないでしょうか。

R指定のミュージカル映画って聞いたことないですよね。とても斬新なアイデアでいったいどんな作品なのか楽しみです。

 

まとめ

イケメン、タロン・エガートンのすっぴんと、映画の役に扮した姿を比較すると、素の方がやっぱりイケメンだと感じたのは私だけでしょうか。

 

1.新作『Rocketman (ロケットマン)』はファンタジー・ミュージカル
2.キャスト
タロン・エガートン:エルトン・ジョン主役
ジェイミー・ベル:バーニー・トーピン(エルトンの音楽パートナー)役
リチャード・マッデン:ジョン・リード(歌手マネージャー)役
ブライス・ダラス・ハワード:シーラ・アイリン(エルトンの母親)役
監督:デクスター・フレッチャー
3.タロン・エガートンは特殊メイクでエルトン・ジョンそっくりに。似てるといえるでしょう。

全米公開日が2019年5月17日に決定です。

見た目を極限までエルトンに似せてきたタロンの姿、奇抜な格好をしたテンションMAXのライブステージ、タロンの歌声がエルトンの曲と共にステージ一杯に響き渡ります。

史上初!!大人のはっちゃけミュージカル映画は必見です!!

スポンサーリンク