小田和正の歌声や代表曲と子供がいない理由や家族は?腹筋がヤバイ!?

スポンサーリンク

シンガー・ソングライターの小田和正さんが、横浜アリーナでコンサートを行いました。

小田和正さんの代表曲といえば「ラブストーリーは突然に」ではないでしょうか。

 

やっぱりあの織田裕二と鈴木保奈美の大ブレイクしたドラマ、東京ラブストーリーで流れていた曲を覚えている人も多いのではないでしょうか。

今回小田和正さんのツアーは5月に始まって、半年以上にわたっていたようです。

 

あの小田和正さんも、もう高齢だと思われますし、3時間のステージを支えたのは、ラジオ体操であったということも話題になっています。

今回は、小田和正の歌声が美しい理由や、代表曲を紹介します。

 

また、小田和正んは結婚していますが、子供がいないそうです。

気になる子供がいない理由や家族構成についても見ていこうと思います。

 

さらに、腹筋がめっちゃできるそうなので、その筋トレやラジオ体操の真相についてもまとめていきます。

スポンサーリンク

小田和正の歌声の秘密は腹筋やラジオ体操?

出典:https://news.merumo.ne.jp/article/genre/5853314

 

小田和正さんの歌声といえば、ハイトーンボイスで美声ですよね。

だれもが、美しい歌声と称賛するでしょう。

 

いつまでも美声を保つには、やっぱり日頃から喉も大切にしていらっしゃるのではないかと思われます。

 

小田さんは、腹筋をしたりジムに通ったりして、健康維持や体のメンテナンスを怠らない人だそうです。

また、ラジオ体操をしているそうで、今回のツアーを支えてくれたのは、ラジオ体操のおかげだともいってらっしゃいました。

 

小田和正さんといえば、腹筋がヤバイくらいできるそうです。

 

週2、3回はかかさずジムに通い、時間があれば公園の前にジムで走っているそうです。

また、レコーディングなどのスタジオにこもる時でも、スタジオの中で体幹トレーニングをしたり腹筋を必ずするそうです。

 

4年前には、腹筋100回は軽いとおっしゃっていたそうです。

現在71歳の小田和正さんですので、その地点ですでに67歳です。

 

腹筋100回はヤバイです!

すごすぎ!

私も見習おうと思います。

 

 

関係者によると、何度か喉に不安を抱えたステージもあったというが、無事に“完走”。

体を温める効果がある、とのことで、ツアー中盤からは公演前にラジオ体操第1、第2を取り入れ、バンドメンバーとルーティンにしていたのだという。

調べてみると、ラジオ体操には血行促進、肩こり対策、背骨や腰椎のゆがみ対策…などの効果が期待できるという。

果たしてどれほどのものなのか。

 

ネット上にある動画で実際にチャレンジ。真剣にやると…こんなに疲れるんだと実感。第2…こんなに難しかったっけ…。確かに、真剣に向き合えば、かなりの血行促進、を体感しました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00000098-dal-ent

 

今回のツアーでも、よく声が出ていたという理由について「(公演前)ホテルのジムで走ったからかな」と笑ってらっしゃったそうです。

このように、美声を保つために日頃からの努力を怠らない方だからこそ、いつまでも美しいハイトーンボイスの歌声をファンに聴かせてくださるようですね。

小田和正さんの代表曲・人気曲

出典:https://entertainmentstation.jp/24554

代表曲や人気曲はどんなものがあるのか、調べて見ました。

代表曲やヒット曲まとめ

「ラブ・ストーリーは突然に」 フジテレビ系ドラマ「東京ラブストーリー」テーマソング

「さよなら」

「伝えたいことがあるんだ」TBS系ドラマ「最後の恋」主題歌

「秋の気配」

 

「たしかなこと」 明治安田生命 明治安田生命 CMソング

「言葉にできない」映画「手紙」挿入歌/明治生命CM「あなたに会えて」シリーズ

「小さな風景」テレビ朝日系連続ドラマ「遺留捜査」主題歌

「こころ」フジテレビ系月曜9時ドラマ「ファースト・キス」主題歌/レコチョク CMソング(2007年11月)

 

「愛になる」明治安田生命企業CM曲

「坂道を上って」映画「坂道のアポロン」主題歌

「愛を止めないで」

「今日も どこかで」フジテレビ系「めざましテレビ」テーマソング

 

「ダイジョウブ」LINE旅立ち篇CM使用曲/NHK連続テレビ小説「どんど晴れ」主題歌

「東京の空」フジテレビ系全国ネット 木曜劇場「それでも、生きてゆく」主題歌

「Yes-No」

「まっ白」 TBS系ドラマ「それは、突然、嵐のように・・・」主題歌/2006年「トリノオリンピック」(TBS系)テーマ曲

 

「眠れぬ夜」

「YES-YES-YES」

「君住む街へ」テレビ東京「フレンドシッププロジェクト ~家族の絆~」テーマソング

 

「woh woh」JRA ブランドCM テーマソング

「やさしい風が吹いたら」

「愛になる (あの日 あの時)」

「そんなことより 幸せになろう」

「さよならは 言わない」関西テレビ放送開局50周年記念ドラマ「トライアングル」主題歌

「この道を」TBS系日曜劇場「ブラックペアン」主題歌

「キラキラ」フジテレビ系ドラマ「恋ノチカラ」主題歌

 

「会いに行く」フジテレビ系『めざましテレビ』テーマソング

「やさしい風が吹いたら」テレビ朝日系連続ドラマ「遺留捜査」主題歌

 

 

大御所の小田和正さんですので、相当な数のヒット曲を生み出してきました。

東京ラブストーリーやオフコースの、さよならなんかはだれもが知っていますよね。

 

さよなら、は自分は小学校のときのみんなのうたにはいっていました。

めっちゃ小さなみんなのうたという本だったのですが、みんなで歌いましたね。

 

はは、なつかしいものを思い出しました。

あなたの小田和正さんの大好きな曲は何ですか?

家族構成と嫁と子供がいない理由は?

小田和正さんの家族構成や嫁と子供がいない理由について調べて見ました。

小田さんの家族構成

小田さんのお父様とお母様は、すでにお亡くなりになっているそうです。

お父様は、2008年5月26日に、舌がんを患い、94歳で亡くなったそうです。

 

お兄様がいらっしゃるそうで、お兄様は実家の小田薬局を継承しているそうです。

 

奥さんについて

小田和正さんの、嫁の名前は、新井恵子さんという人で、一般人の方です。

1982年に、ご結婚されています。

当時、小田さんは35歳で新井さんは29歳でした。

 

2人の馴れ初めは、オフコースのファンクラブを作ったことがきっかけで、交際が始まったそうです。

奥さんはファンクラブのお手伝いをしてくれていたそうです。

 

また、中学生の時からの知り合いということですので、かなり長い付き合いになりますよね。

おそらく、お互いが信じあえる存在なのでしょうね。

 

中学校時代から知っている人と結婚して幸せになるなんて、いいですよね。

オフコースの「I LOVE YOU」と言う楽曲と「9月になれば・・・」という楽曲は、嫁への曲だそうです。

 

9月に入籍したから、9月になれば・・・というタイトルだったそうですよ。

しかも、嫁のために曲をつくってくれるなんて、めっちゃロマンティックですよね。

子供はいない

そして、小田和正さんには子供がいらっしゃらないようです。

また、プライベートについては語らない人なので、私生活に関しては謎が多いです。

 

子供がいない理由を調べて見ました。

以下、小田和正さんの過去の発言です。

 

  • 過去に「どこかに(子供が)いたら困る(笑)」と言っていたそうです。
  • 子供が嫌いだ」とコンサートで言っていた
  • 子供の泣く声が苦手」とも言っていた

 

しかし、「生まれ来る子供たちのために」という楽曲を残していることから、もしかするともっと他に深い理由があったのかもしれません。

まとめ

今回は、小田和正さんの歌声や代表曲、家族と子供がいない理由や、いつも欠かさない腹筋やラジオ体操についてまとめていきました。

小田さんの美しい歌声はいつまでたっても色褪せません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です