MacBook Air新作2018価格や大きさやスペックを比較!

スポンサーリンク

アメリカアップルが、10月30日(現地時間)についに、新型「MacBook Air」を発表しました!

マックブックエアー(MacBook Air)といえば、軽くて薄くて、といった特徴がウリですよね。

 

マックブックエアーを片手に、スターバックスで、カタカタと仕事するのが、かっこいい!なんて言われてもいます。

一体このMacBook Air新作2018のスペック(価格・大きさ・サイズ・重さ・ディスプレイ・デザイン)などはどんなものなのでしょうか。

 

発表されたばかりの、MacBook Airのスペックを比較していきたいと思います。

スポンサーリンク

MacBook Air新作2018年の発売日

出典:https://www.apple.com/jp/macbook-air/

MacBook Air新作2018年の発売日と価格についてまとめていきます。

発売日は、11月7日です。

 

予約受付は10月30日(現地時間)からです。

もう今日からですね。

MacBook Air新作2018価格や大きさやスペックを比較!

MacBook Air新作2018年は、スペック(大きさ/サイズ・重さ・価格・ディスプレイなど)を早速比較していきましょう。

 

まず、今回の2018年新作のMacBook Airは、従来モデルと比べて薄型化・軽量化されました!

なんと、体積は17%小型化を実現しています!

 

テクノロジーの進歩って、本当に速いしすごいですね。

どんどん体積が小さくなっていっています。

欲しいな!

サイズや重さ

サイズ:304.1(幅)×212.4(奥行き)×15.6ミリ(高さ)

重さ: 1.25キロ

CPU

第8世代のIntel Coreプロセッサを採用しています。

1.6GHzデュアルコア Core i5を搭載しています。

メモリ

メモリは8GBで、SSDストレージの容量ごとに値段は違います。

128GBモデル:13万4800円

256GBモデル:15万6800円

 

どちらのモデルもメモリは最大16GB、SSDストレージは最大1.5TBまで拡張することが可能です。

トラックパッド/キーボード

トラックパッドは従来より20%も広くなりました!

広い方が使いやすいですよね。

 

感圧タッチ(Force Touch)に対応しています。

バタフライ機構の第3世代キーボードを採用しており、従来の機構と比べるとキーの安定性が4倍よくなったそうです。

スピーカー

ステレオスピーカーは、従来の2倍の低音域をカバーし、出力可能な音量は25%も増えました。

セキュリティ強化のための独自のチップ

2018年7月に発売した新型「MacBook Pro」と同じく、セキュリティ強化のために独自の「Apple T2チップ」を搭載しています。

Siri/ポート/バッテリー連続駆動時間

「Hey Siri」と呼び掛けると、音声アシスタント「Siri」を起動できるようになりました。

側面にUSB Type-Cポートを2つ備え、Thunderbolt 3にも対応。

バッテリーの連続駆動時間は、動画視聴なら約13時間。

カラー

カラーは3種類:ゴールド、シルバー、スペースグレイ

まとめ

今回は、MacBook Air新作2018ということで、価格や大きさやスペックを比較していきました。

いやーこれは、欲しいですよね!

薄くなって軽くなってるし、色の種類も3種類も用意されています。

 

自分は今7年くらい前に購入したマックブックプロを使用しています。

マックを持っていてもい、やっぱり毎年新しい新作のマックブックが出ると欲しくなっちゃいますよね。

 

自分のマックは、たまにスピーカーの音が、おかしくなるんですが、今は通常通りだし、もう少しこの古いマックブックプロにがんばってもらおうかなと思います。

でも、アップルストアで触ってみると、買いたくなるかも!

みなさんもぜひ、アップルストアで実際に触ってみてください!

Apple製品関連のおすすめ記事

iPad Pro新型2018価格とサイズやメモリやスペックを比較

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です