首長族は首輪を外すとどうなる?レントゲンとかゆい時や洗う方法は?

スポンサーリンク

首長族という種族をご存知でしょうか。

だれでも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

秘境の民族&日本人家族 あったか交換ホームステイという番組で、首長族の人と日本人が交換ホームステイをして話題です。

首長族の人たちの首はあんなに長くしてしまって大丈夫なのでしょうか。

 

また、あのリング(首輪)をつけていると、かゆい時や首を洗いたい時は、どうしているのでしょうか。

また、レントゲンをとるといったい首の骨はどうなっているのでしょうか。

 

首長族の話になると、疑問だらけになってしまいますよね。

今回は、首長族は首輪を外すとどうなるのか、レントゲンや、かゆい時や洗う方法などについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

首長族はなぜ首を長くする?

出典:https://matome.naver.jp/odai/2133164519140717501/2133328744105265403

首長族とは、亜熱帯の大陸部東南アジア山間部に居住し、半農半狩猟を生業にする山地民の人たちだそうです。

首を長く見せる風習を持つことで世界に知られています。

 

首長族の人たちは、なぜ首を長くするのでしょうか。

それは、首が長いほど結婚相手が見つかりやすい、そうです。

 

首が長い女性は美人の条件なんだそうです。

そのため、首が長いとお金持ちと結婚できるそうです。

 

だれだって、玉の輿に乗りたいですし、貧乏な人よりはお金持ちと結婚したいでしょう。

価値観によりますが、どっちか選べたら絶対金持ちを選びますよね。

 

そのため、綺麗になりたい、魅力的になりたい気持ちはわかりますよね。

普通の人だったら、おしゃれや外面に気を使ったり、美容整形するひともいますし、内面を磨いたりするひともいます。

 

でも、首長族の人たちは、首を長くすることなんですね。

文化の違いなので、首長族の人たちがそれで幸せならば何もいうことはありませんね。

首の伸ばし方

首輪は5歳くらいからつけ始めて、すこしずつ長いものに変えていくそうです。

彼女たちが付けている首輪は、1本の真鍮でできたコイル状の輪になっているようです。

 

この首輪はかなり重くて 5、6Kgもあるそうです。

実際は首が長くなっているように見えるだけで、本当はリングの圧力によって顎の高さが引き上げられるとともに、真鍮の重みと下への圧力によって鎖骨と肋骨が下に押し下げられているそうです。

 

つまりは、極端な撫で肩となり、肩が落ちることで、首が長く見えているそうです。

この輪は首だけではなく、腕や足にも巻かれているそうです。

そのため、年老いた女性ほど首が長くなっていくそうです。

首長族は首輪を外すとどうなるのか

首長族は首輪を外すとどうなるのでしょうか。

あんなに長くなってしまうと、首の骨が折れてしまわないか心配ですよね。

調べてみたところ、どうやら外すことはないというより、外すことはできないようです。

 

なぜなら、子供の頃からずっとつけていたので、首の筋肉がほとんどなくなっているそうです。

そのため、鉄の首輪で頭を支えている状態なので、首輪をとってしまうと首の骨が折れて亡くなってしまうそうです。

 

しかし、ネットで色々見ていると「首長族の人は首輪を外しても普通の生活は出来る。また、骨自体には何のダメージもないので、しばらくすると首は普通の長さに戻る。と書かれている研究結果を見つけた。」といった情報もありました。

このように、首輪を外すとどうなるのかということに関しては、いろんな説があるようです。

首長族のレントゲン

あまりにもいろんな説があり、いろいろ調べていくうちに、結局英語サイトまで見て調査することになりました。

そこで、首長族のレントゲン写真がありました。

出典:https://zoedavidsoncreativeprosthetics.wordpress.com/2010/11/page/2/

左が普通の人で、右が首長族の人です。

当然骨自体は長くならないと思うので、首の骨の隙間の筋肉が伸びているように見えますね。

 

首輪と取ると命の危険になる可能性はもちろんあるようです。

また、取ると美人じゃなくなると思っている人がいたり、具合が悪くなる人もいたようです。

 

おそらく、首輪をつけたほうが魅力的だと、信じる心でそうなっているのではないでしょうか。

実際に取り外しする人もいるようです。

出典:https://ameblo.jp/umaibou155/entry-12016480752.html

このレントゲン写真では、肩が押し下げられていることがわかるのではないでしょうか。

かゆい時や洗う方法は?

また、気になるのは、お風呂の時、かゆい時や洗う方法ですよね。

 

首を保護するために、寝る時は高い枕を使用して、横を向いて眠るそうです。

首がかゆい時は、アクセサリーとして身につける棒をつかってかいているそうです。(以下画像)

出典:https://www.fnn.jp/posts/00370370HDK

洗う方法ですが、これに関してはいろいろな説がありはっきりとはわかりませんでした。

外せないので、つけたまま洗うという説もあれば、洗う時は外しているという説もありました。

まとめ

今回は、首長族のレントゲンや首輪を外すとどうなるのかということと、かゆい時や洗う方法についてまとめていきました。

文化の違いで、価値観も違いますのであまり深く言及はしませんが、彼女たちの文化の背景には、いろいろなことがあるようです。

 

また、日本のサイト、英語のサイト、他の言語のサイトでも、彼女たちの文化に対すrいろんな見解や見方があります。

ここでは、その全てを綴ることはできませんでしたが、気になる方はいろんな記事を読んでみられてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です