BTS(防弾少年団)は紅白2018出る可能性は?出禁の噂の真相は

スポンサーリンク

今年ももう10月で、残り3ヶ月をきっていますね。

そろそろ話題になってくるのが、今年の紅白出場者はだれなのか、ということではないでしょうか。

 

最近では、若い世代の人たちのテレビ離れがあったりして、紅白もいろんな手法で視聴率獲得のためにがんばっているようですね。

今は第3次韓流ブームが到来しているそうです。

音楽では、TWICEという女性グループが大人気ですよね。

 

そして、男性グループでは、BTS(防弾少年団)がダントツです!

BTSは、韓国や日本だけでなく、アメリカや世界でのトップアーティストになっているんですよね。

 

アジア人としても、BTSがアメリカで受け入れられているというのは、大きな快挙と言えるのではないでしょうか。

今回は、そのBTS(防弾少年団)の紅白2018に出る可能性について、また出禁の噂の真相などについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

BTS(防弾少年団)の基本情報

出典:https://everydaykoala.com/bts-teams-steve-aoki-first-full-length-song-english/

BTS(防弾少年団)についてまだ詳しく知らない人もいると思いますので、まずは簡単に基本情報をご紹介していきたいと思います。

BTSって何の略?

韓国のグループやアイドルって名前が一つ以上あるので、日本人にとってはちょっとわかりにくかったりすることもあるかもしれませんね。

BTSとは一体なんの意味があるのでしょうか。

 

防弾少年団派、韓国語にすると、バンタンソニョダンと発音するそうです。

 

Bang(防)バン

Tan (弾)タン

Sonyodang(少年団)ソニョダン

 

上記のような意味があります。

そのためそれぞれの頭文字をとってBTSとなっているそうです。

 

また、2017年7月に防弾少年団のロゴがリニューアルされたのですが、その際には、「Beyond The Scene=今に安住することなく夢に向かって絶えず成長して行く」という意味が付け加えられたそうです。

防弾少年団に込められた意味

防弾少年団とは、日本語のグループ名ですが、めずらしい名前ですよね。

一体どういった意味があるのでしょうか。

 

それは、「防弾」は銃弾から身を守るための防弾ベストのように、社会的な偏見から自分たちの音楽や価値を守りたいという意味が込められているそうです。

BTS(防弾少年団)の人気は世界レベル!

BTS(防弾少年団)の人気は今や世界レベルです。

アメリカのBTS(防弾少年団)のファンのYoutuberが英語で彼らを紹介しまくっているほど、アメリカでも大人気なんです。

 

韓国語の歌で本場アメリカでも大人気になるなんて、すごいですよね。

PSYもそうでしたが、KPOPは正直、JPOPよりも断然上を行っている気がします。

 

彼らのサウンドもちゃんと、世界を意識していて、アメリカや英語圏のクラブで流れているようなサウンドに近いんですよね。

PSYのときも、アメリカのクラブでガンガン流れていましたよ。

 

みんな韓国語の歌にもかかわず、そのサウンドに酔いしれて踊りまくりです。

BTS(防弾少年団)は紅白2018出る可能性は?出禁の噂の真相は

BTS(防弾少年団)の出禁の噂が出ているのですが、一体真相はどうなんでしょうか。

また、紅白2018に出る可能性はどのくらいあるのでしょうか。

 

出禁の噂の事の発端は、9月12日に秋元康さんが、BTSに新曲の作詞を手がけることが発表されたのですが、そのわずか4日後にレコード会社の、ユニバーサルミュージックが公式HPでコラボ解消を発表したことに始まります。

 

秋元康さんといえば、日本の音楽業界で最も成功したといっても過言ではないほどの大物ですよね。

コラボが実現すれば、注目度も間違いなく大きかったはずです。

一体なぜコラボが急遽解消されてしまったのでしょうか。

 

どうやら、韓国のARMY(BTSのファンの総称)の暴徒化が、原因の一つになったようです。

日本の大物プロデューサーと、韓国のナンバーワンアーティストのコラボを楽しみにしていたファンも多くいたのですが、一部の過激なARMYから、「右翼政治を繰り広げる安倍政権に賛同する作詞家とどうしてコラボしたのか」などと、BTS所属事務所の、パン・シヒョク代表へ抗議が殺到したというのです。

 

また、不買運動を行うといった声明文まで送られてきたというのです。

BTSのグループ名には、10代や20代に向けられる抑圧や偏見をやめ、自分たち自身の音楽を守り抜く、という意味が込められています。

秋元康さんが手がけたグループが、靖国神社の前で公演したことや、旭日旗が描かれた衣装をきていたことが理由だったようです。

 

これらが、一部のARMYには納得がいかなかったようです。

これがうまく行っていれば、間違いなく今年の紅白2018に出場する可能性が高い有力候補だったのですが、残念ながらこれにより、日本の超大物プロデューサー秋元康さんの顔に泥を塗った格好になってしまいました。

 

秋元康さんは、芸能界のテレビ局や広告代理店やレコード会社関係者などの芸能界の横のつながりが強いです。

そのため、今回の一件でBTSが日本の芸能界から出禁になるのではないかと危惧されているのです。

まとめ

今回は、BTS(防弾少年団)の紅白2018に出る可能性と出禁の噂の真相などについてまとめていきました。

今回の出禁の噂の真相の通り、芸能界は人間関係をうまくやってくことが大事といえますね。

 

BTSがもし出れなければ東方神起が出場する可能性が高いと言われています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です