HEY!HEY!NEO!の視聴率や感想や評判は?レギュラー化は?

スポンサーリンク

あの伝説の歌番組、HEY!HEY!HEY!が久しぶりに復活です!

ゲストには、今年再ブレークしたダパンプや何かと話題のモーニング娘。も登場します!

 

名前はHEY!HEY!NEO!に変わっていますが、今回の特番の視聴率や感想や評判はどうだったのでしょうか。

また、レギュラー化はもう無理なのでしょうか。

スポンサーリンク

HEY!HEY!NEO!の基本情報

出典:http://toriizaka46.jp/keyakizaka46/183713/

放送日は、10月1日(月) 23時00分~23時59分となっています。

特番だけれども1時間だけでさらに、深夜なんですね。

昔は月曜日の8時から放送されていて、なんども大きな特番もありました。

 

ダウンタウンの激しいツッコミが、関西のノリになれていないアーティストにも向けられたりして、楽しい番組でしたね。

ダウンタウンのトークは、とにかくおもしろいので今回の復活特番でもおもしろいトークが聞けるはずです。

以下にキャスト・スタッフの情報を記載しておきます。

 

出演者

MC:ダウンタウン(浜田雅功・松本人志)
ゲスト:ゲスの極み乙女。、 高橋 優、 DA PUMP、 Fischer’s、 モーニング娘。’18、オメでたい頭でなにより

スタッフ

チーフプロデューサー:中嶋優一、 三浦淳
プロデューサー:蜜谷浩弥、 菊岡郁枝
総合演出:佐藤正樹

HEY!HEY!NEO!の視聴率は?

今回のHEY!HEY!NEO!の視聴率はいくらだったのでしょうか。

今はまだ放送前なので視聴率はわかりません。

そのため過去のHEY!HEY!NEO!の視聴率を調べました。

 

2018年は、4月9日の月曜日にも、同様の特番が放送されていました。

放送時間は、夜の10時30分からの94分間でした。

深夜番組になっていますが、視聴率は、5.5%だったようです。

 

深夜番組にしては、高視聴率だったのではないでしょうか。

HEY!HEY!NEO!はレギュラー化しないの?

HEY!HEY!HEY!は、2012年の12月17日に最終回を迎えました。

「こんなに笑えた音楽番組はなかったぜ! 最後のHEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」というタイトルで2時間スペシャル特番になっていました。

 

このときの視聴率は、14.3%で最高視聴率が18.3%と有終の美を飾りました。

1994年から始まり、およそ18年3ヶ月の長い音楽番組の歴史に幕をおろしました。

 

ダウンタウンのトークは相変わらずおもしろいのですが、CDが売れない時代に突入し、音楽番組も視聴率が低迷していったようですね。

HEY!HEY!HEY!が終わった2012年の6月11日には、史上最低記録の5.8%を記録してしまい、一桁台が続いていたようです。

 

個人的には、小室哲哉の歌手がたくさんでていた時代をよく知っているので楽しみな番組だったのですが、いつの間にやら終了してしまっていて残念です。

でもこうやって、一年に何回か復活してくれるのはうれしいですよね。

 

前回の特番は、深夜放送にも関わらず5.5%でしたし、深夜番組の枠でもいいので、レギュラー化して欲しいですね。

HEY!HEY!NEO!の感想や評判は?

HEY!HEY!NEO!の感想や評判はどうなのでしょうか。

HEY!HEY!NEO!の特番の感想や評判を以下にまとめておきます。

 

  • ゴールデンのときはみなくなっていたけれど、夜中に復活しておもしろくなっていた
  • HEY!HEY!HEY!が深夜枠でもいいので復活してくれて嬉しい
  • 懐かしい気持ちで楽しめた

 

また当然ながら自分が好きなアーティストが出ているかどうかが見る見ないの理由になるはずです。

最近は、昔の番組のリバイバルなども流行っていますし、やっぱり昔の番組が復活するのは一定の需要があるのでしょう。

モーニング娘。が出演

モーニング娘。といえば、最近では吉澤ひとみさんのニュースで世間で話題になってしまっていますよね。

 

モーニング娘。の売りは、メンバーが入れ替わりながら長い歴史を作ってきているというのがありますので、先輩OGが何か問題を起こしてしまうとどうしても、同じグループ名が話題になるのでなかなか大変なのかもしれませんね。

 

ダウンタウンも、昔のモーニング娘。は知っているでしょうが、今のモーニング娘。は、メンバーも全然変わってしまっていますし、もう別のグループとしてみてしまっても仕方ないかもしれません。

 

今のモーニング娘。には今のモーニング娘。の魅力がありますので、吉澤ひとみさんのニュースは関係ないですよね。

逆にそれでまた現在のモーニング娘。の認知度もあげてしまって、さらに飛躍して欲しいですね。

 

ちなみにグループの中では飯窪春菜さんが今年の秋ツアーを最後に卒業してしまいますが、彼女の今後の活躍に期待ですね。

まとめ

今回は、HEY!HEY!NEO!の視聴率や感想や評判とレギュラー化の話などについて書いていきました。

詳細の視聴率は、放送が終わってわかり次第追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です