クイン
ボヘミアンラプソディクイーンのコンサートや、鞘師里保の単独公演ラストステージなどハロプロ映像が充実!今すぐ無料で見たい人はこちら↓↓↓(2019年8月地点)
U-NEXT

夏の甲子園2018決勝の視聴率がやばい!瞬間最高視聴率は?

スポンサーリンク

夏も真っ只中で暑い日が続いていますが、今年も甲子園があつく盛り上がっていますね。

甲子園といえばやはり国内ナンバーワン人気スポーツの一つですよね。

しかも今年は、100回目の記念大会ということで、例年にも増して盛り上がりを見せています。

各局のニュースやバラエティー番組などでも、各地の出場高校が決まっていくごとに関連企画などを通して盛り上げています。

また、とくにNHKはここぞといわんばかりに、過去の好試合映像を特集しているようです。

果たしてこの100回の記念大会で視聴率は稼げるのでしょうか。

出典:http://yokohama-muse.com/archives/5533

今この瞬間盛り上がっている甲子園決勝の最高視聴率も気になりますよね!

どれだけ国民の注目を集めているかの指標にもなりますね。

 

今年は100回目の甲子園ということですので、過去の甲子園の最高視聴率について特集したいと思います。

スポンサーリンク

去年2017年の甲子園の最高視聴率は?

去年2017年の甲子園の最高視聴率を調べて見ました。

2017年8月23日に行われた第99回全国高校野球選手権大会の決勝試合、「花咲徳栄VS広陵」の試合が2017年の最高視聴率17.1%(午後3時36分~午後5時29分)を記録しています(中継したNHK総合の視聴率。)

 

試合が開始してから前半の部分を中継していた午後1時50分から3時34分も15・2%で、平日の午後でありながら10%台後半をつけていたようです。

そして瞬間最高視聴率はその日の午後4時37分の22・0%でした。九回裏2死満塁から、花咲徳栄の優勝が決まる瞬間までの場面だったようです。

(数字はビデオリサーチ日報調べ。関東地区)

 

このデータを見るとやっぱり、決勝戦で日本一が決まる瞬間が一番注目を集めていて瞬間最高視聴率を記録しているようですね。

過去の最高視聴率は?

過去の99回の甲子園における熱戦でどんな名勝負が上位なのかを調べて見ました。

やはり高い視聴率を記録しているのはほとんどが決勝戦のようです。

やっぱり甲子園も日本一を決める決勝戦が一番熱くなっちゃいますよね。

 

甲子園過去歴代1位の視聴率を記録したのは、なんと今から40年前です!

60回大会のPL学園対高知商の対決試合で、なんと48.0%です!(NHKでの視聴率、関東地区=以下同。しかも時間帯によっては50.8%のデータもあるそうです!)

 

すごい視聴率ですね!

一方プロ野球戦での最高視聴率は、どのくらいなのかも気になりますよね。

プロ野球での最高視聴率は、1994年。10.8決戦と言われていたリーグ優勝を決める直接対決の中日対巨人の試合で、48.8%でした。

ほとんど同じで僅差ですね!

その他、上位でめぼしいところを見てみると、1983年の決勝戦、桑田と清原のKKコンビがいた、PL学園と横浜商の試合が、44.4%。

1980年の決勝戦、荒木大輔フィーバーがおこっていたときの早実対横浜も高視聴率を記録していたようです。

 

高視聴率の傾向としましては30年以上も前の大会が多いようです。

そのくらい前だとまだ生まれてない方もいると思いますので、最近20年での最高視聴率も調べて見ました。

 

最近20年での最高視聴率は2016年の決勝戦、マー君対ハンカチ王子の、駒大苫小牧対早実が、最高視聴率29.1%を記録したそうです。(14~16時台)

マー君対ハンカチ王子の対決ならば、納得がいきますよね。

そのほかには、1998年の横浜の松坂大輔選手がノーヒットノーランで勝利した決勝試合が27.9%を記録しています。(13~15時台)

 

なぜ30年以上も前の甲子園の方が視聴率が高い傾向があったのかというと、やはり昔はインターネットやyoutubeが今のように普及していなかったけれども、時代の流れとともにテレビを見る人が年々減ってきているからではないでしょうか。

今はもうパソコンを開いてGoogleで検索すれば知りたい情報が瞬時に出てきますし、Youtubeであれば見たい動画を見たいときに見れます。

かくいう自分ももうテレビは持っていません。

 

甲子園といえば過去には高視聴率を稼げる夏休みの定番ではありましたが、今はもうテレビ離れの時代になってしまっていますので、この100回目の記念大会での決勝戦がどのくらいの高視聴率を記録できるのかに注目ですね。

テレビ離れをしていますが、今年の夏は猛暑ですので、外に出かける人も減って涼しいクーラーのきいた家でのんびり甲子園を見ている人も多いのではないでしょうか。

それに対して甲子園のマウンドは相当暑いでしょうから、選手が熱中症で倒れないか少し心配です。

まとめ

今回は、夏の甲子園2018決勝の視聴率がやばい!瞬間最高視聴率は?というタイトルで過去の最高視聴率についてまとめていきましたがいかがでしたでしょうか。

今この記事を書いている地点ではまだ試合の最中ですので瞬間最高視聴率のデータはまだでていませんが、100回記念の甲子園は注目を浴びているのは間違いないでしょうね。

2018年夏の甲子園決勝の瞬間最高視聴率が公表されましたら、更新します。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

クイン
無料で試せる動画配信サービスおすすめ3選!


第1位:U-NEXT

無料期間:31日間600円分のU-NEXTポイントもついてくる)

特徴:海外の映画/ドラマ・日本の映画/ドラマ・アニメ・ドキュメンタリー・音楽・電子書籍・アダルト

おすすめポイント:日本最大級の動画配信数・多彩なジャンルがある・地上波テレビ番組の追っかけ配信アダルト作品も見れる

思わず「こんなのも見れるの!?もっと早く知っておけばよかった」と胸がパチパチしてしまった幅広いラインナップ。

あなたにおすすめのコンテンツ:

  • ボヘミアンラプソディ
  • ハロプロ系動画
  • ジョジョの奇妙な冒険全シリーズ
  • クイーンのドキュメンタリー
  • ハロプロアイドル写真集

まさか無料でジョジョシリーズ全部(1部〜5部)見れるなんて嬉しい誤算。ジョジョを見るために予定を全部キャンセルしてしまったのって私だけ?クイーンやハロプロ好きの人なら楽しめると思う。無料なのに全部一気見できてしまう幸せ感やばい

注意:予想以上に面白すぎて見だしたら止まらなくなる可能性があります!

月額料金:1,990円(税抜)+毎月1,200ポイント付与(このポイントがミソ。)

今からたった3分で視聴開始可能 !U-NEXTの無料31日間トライアルはこちら ↓↓↓

U-NEXT (注意:本作品の配信情報は2019年8月1日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式サイトでご確認ください。)


第2位:dTVチャンネル

無料期間:31日間

特徴:海外ドラマ・映画・アニメ・キッズ・音楽・韓流など30種類以上の専門チャンネルを視聴できる。

おすすめポイント:一部番組は見逃し配信に対応している

月額料金:月額780円

dTVチャンネルの初回31日無料トライアルはこちら↓↓↓

dTVチャンネル


第3位:Amazonプライム・ビデオ

無料期間:30日間

特徴:対象の映画・テレビ番組が見放題

おすすめポイント:対象のKindle本も読み放題になる

月額料金: 500円 (年会費4,900円)

アマゾンプライム・ビデオの無料トライアルはこちら↓↓↓

Amazonプライム・ビデオ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です